× Q  ?  翻訳訳語辞典
telling
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
こたえる
   
be the telling one: こたえる バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 83

印象に残る
   
<例文なし> 辞遊人辞書
印象的な
   
<例文なし> 辞遊人辞書
簡単に忘れることのできない
   
<例文なし> 辞遊人辞書
効果的な
   
<例文なし> 辞遊人辞書

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

a telling point: 識別のかなめ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 38
the telling of ...: 〜の話を口にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
pause for a telling moment or two: 暫時、沈黙にものを言わせる カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 249
the man that I am telling you about is after all adj. sort of man: 私の今話しているのは〜の人の事だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
against telling sb ...: (〜は人には)内緒にしておく レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 119
lie simply because the concept of telling the truth is utterly alien to sb: ほんとうのことを話すという意識など初手からなくて嘘をつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
shouldn’t be telling you all this: よけいなことをしゃべっちまった 池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 33
among other things, sb was telling about sth: (物事の)ことなど話した 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 32
get around to telling sb about ...: 〜の話に移る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 287
can be able to ask sb for help quite easily by telling sb that ...: 〜と言えば、むしろ(人に)頼みやすい 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 62
I feel awkward telling you this: こんなことはまことに申しづらいのですが プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 30
not telling someone before now: 連絡が後手後手にまわる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 200
I didn't know how to begin, so I began by telling her that: どう切り出せばいいかわからなかったので、正直にそういってみた ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 326
begin by telling a bit about ...: 〜について少し語っておく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
believe sb is telling one the truth: すっかり真に受ける 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 49
we don’t have to bother telling sb: こっちから知らせることはない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
start to bowl one’s head off, telling sb one’s sob story: 大声で泣きだし、涙ながらに身の上を話す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 158
the nearest he comes to telling her of his love is to do ...: 想いを打ち明けるといったって、〜するのが精きりいっぱいだ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 133
consider telling ...: 話そうか話すまいか、迷う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
decide against telling that ...: 〜という言葉を呑みこむ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 341
exhibit a discomfort most telling to a practiced eye: 熟練者には一目でそれとわかる不安を露呈する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 283
there is no telling what sb may do: (人が)どのような振る舞いに出ぬともかぎらない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 156
why on earth sb be telling all this: いったい何の話だ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 85
what sb been telling everyone: (人が)常々いってること ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 315
feel like telling one’s exploit: 冒険の話をしてやってもいいと思う ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 189
fail or prevail in the style of its telling: 伝え方で、みながそれを真実と見るか否か ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 9
you feel like telling me: いやでなかったら教えてくれ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 224
why don’t you try telling me who you are first?: 先に名をなのってから聞きやがれ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 138
the telling-off sb got from the judge: 裁判官から浴びせられたはげしい非難 シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 193
God’s way of telling people ...: 〜という神の思し召し フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 115
Are you telling me to go to that graveyard by myself?: 一人で姨捨山へ行けと仰言るんですね 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 282
there is no telling what havoc sb may wreak: どこまで暴走するか、わかったもんじゃない 新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 112
I don’t know if I should be telling you ...: 恥ずかしい話なんですけどね 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 107
have no intention of telling sb: (人に)打ち明けるつもりはない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 357
what it is with sb there’s no telling: (人)というのはわからないもので トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
keep telling sb: 何度も繰り返す 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 194
keep telling: 一度ならずいう ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 227
keep AA from telling BB about sth: 〜をAAの口からBBに言わせぬようにする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 48
be telling no less than the truth: (人の)いっていることがけっしてうそでない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
be lifting a great weight off one’s shoulders in the telling: その話をすることで肩の重荷をおろしている ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 35
stop in the middle of telling sb: 話を中断する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 119
I don’t mind telling you ...: まったくの話が、〜 シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 30
I don’t mind telling you: 正直に言うが セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 138
no telling: わからない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
She nodded and started telling me about her trip around Manhattan: しっかりとうなずいた彼女は、マンハッタン一周の旅がどんなだったかを話しはじめた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 342
What nonsense is this you are telling me?: なにをねぼけたことをいってやがる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 204
wrestle with the notion of telling sb ...: (人に)〜を言おうか言うまいかと迷う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 347
her polite-ish way of telling us to pipe down: 静かにしなさいと私たちに伝える、彼女なりのいくらか親切なやり方だった ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
this is telling point: この一言が効いて ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 177
there’s no point in telling you about it: お前にいってもはじまらない 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 249
My wife was probably telling K of her new happiness: 妻は定めて私と一所になった顛末を述べてKに喜こんでもらうつもりでしたろう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 263
might as well talk to some purpose by telling sb what one know about oneself: いっそ自分の身の上話でもしたほうがいい ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 59
there’s something sb’s not telling one, one think: ほんとうかなあ、あやしいなあ、と(人は)思う 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 133
be used to sorting out sb’s emotions and telling sb what to do: (人の)気分の舵は取りなれている 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 95
That window was our usual spot for telling secrets: そこが大抵私たちの密談の場所だった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 43
immediately start telling sb about ...: たちまち〜を勢い込んで話しだす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 79
there is no telling for sure: 正確なところはわからない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
If it did, she might suspect he wasn't telling the truth: もし声がふるえたら、ウィルマは彼が嘘をついているのではないかと疑いの眼を向けるかもしれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
And he would end up telling her about Jennifer: そして最後にはきっとジェニファーのことを持ち出すだろう レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 43
try vainly to do, telling sb that ...: なんとか〜しようと苦労したあげく、〜と(人に)こぼす グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 114
you’re telling it: 好きなようにほざけ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 219
there is no telling ...: 〜はさっぱり見当がつかない ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 25
you’re not telling us ..., are you?: まさか〜と言っているんじゃないだろうな トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 90
without telling sb: 断りもなく ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 94
ツイート