× Q  ?  翻訳訳語辞典
wine

主要訳語: 酒(4)   ワイン(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ワイン
   
the wine make sb sleepy: ワインの酔いで眠気がさしてくる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 100
take hold of one’s wine: ワイングラスをもつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
sip one’s wine: ワインをちびりとやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 413
even consider a sip of the wine: ワインを一口やろうかとまで思う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403

   
wine-stained robe: 酒によごれた衣 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 67
when wine have brought no transitory gladness to one: いくら酒をあおっても、ほんの束の間の喜びをさえ得られないような時 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
mar the pure wine: せっかくの純良酒の純度をおとす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 492
drink the finest wines: 美酒に酔う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 210

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

non-vintage wine: 安ワイン ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 208
never came there heated with wine: ただ酒気を帯びてくることだけは、一度もなくなった ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 52
have a special dinner and bottle of wine: ごちそうを囲み、ワインを開ける ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 175
groves of wine palms: 孔雀椰子の林 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
A very agreeable young wine: ええ、まだよく熟れてはいないけれど、なかなか口当たりがいい メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 225
the wine has all gone: ワインがきれいに片づく メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 68
after all that wine: ワインをしこたま飲んで ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 45
be big in Latian wine: ラティウム産ワインを牛耳る大物 デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 144
have wine and a real blow-out: ワインをあけて大いにたのしむ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 334
wine sack bouncing on sb’s back: 肩にかけた酒袋をゆさゆさと揺らしながら マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 554
bury one’s sight in one’s glass of wine: ワイングラスに目を落とす フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 113
gulp one’s wine callously: 気がつかない振りをしてワインをぐいとあおる デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 101
draw a bottle from the wine closet: 貯蔵庫にワインを取りにいく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
a place entirely dedicated to wine: まさにワイン一色の町 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 216
on the stones just outside the door of the wine-shop: 酒店のすぐ店先の石畳に ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 51
the wine is poured in liberal doses: ワインがなみなみと注がれる オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 121
refresh oneself with a draught of wine: 自分もいっぱいグッと飲む ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 301
empty the last of the wine into their glasses: ボトルに残っていたワインを二人のグラスにつぎ分ける セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 295
fill the earth with the wine of iniquities: 罪業の酒をもつて地を浸す ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 36
be fond of wine: ワイン党 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 66
be full of wine: なみなみと湛へられている ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 88
have some wine: ワインでもやりなよ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 93
have some wine: ワインをおあがんなさい ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 93
He immediately refilled the glass, his hand trembling, slopping the wine: すかさずグラスを満たす、手は震えてワインをこぼした レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 205
the last of the wine: ボトルに残っていたワイン セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 295
a light wine: 軽口のワイン フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 106
rise one’s mouth with the last of the wine: ワインの最後の一滴を飲み干す カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 79
older wine: よく熟れた古いワイン メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 158
wine with shoulders: 腰があるワイン メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 134
sip the wine: ワインを楽しむ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 64
succumb to the unaccustomed amounts of wine: 馴れない大酒に酔いつぶれる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 178
It suddenly seemed terrible not to know what was your wife's favourite wine: 妻の好きなワインも知らなかったということがふいにたまらなく惨めに思えた レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 236
the vile red wine: 安物の赤ワイン ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 139
wine taster:ワインの味見 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
ツイート