× Q  ?  翻訳訳語辞典
reluctance
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜したくない気持ち
   
one’s reluctance to offend sb: (人を)怒らせたくない気持ち トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 287
〜したくはない
   
in spite of one’s reluctance to admit it: 認めたくはないけれど トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205

いいにくい
   
say with evident reluctance: いかにもいいにくそうにいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 493
いいにくそう
   
with a show of reluctance: さもいいにくそうに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
きらう気持ち
   
mysterious reluctance to ...: 〜をなぜかきらう気持ち ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 444
しぶしぶ
   
with clear reluctance: いかにもしぶしぶというふうに アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 256
しぶる
   
see one’s reluctance to hand sth over: だししぶっているのを感じる クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 131
ためらい
   
have a reluctance to ...: 〜にためらいをおぼえる カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 13
ためらう様子
   
show no reluctance: ためらう様子もなく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 184

遠慮
   
I think your reluctance is quite foolish: あなたが遠慮するんは思い違いというものやしてよし 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 87
考えもの
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 163
仕方ない
   
with reluctance: 仕方なしに 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 190
心後れ
   
be overcome by an absurd reluctance to do: 〜することにばかみたいな心後れを覚える ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 220
不承不承
   
with a show of reluctance: さも不承不承 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 201
未練
   
leave the room with obvious reluctance: 明らさまに未練を残して立っていく リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 21

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with some reluctance: いささか気乗りしない クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 265
with some reluctance: 未練げに メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 49
with reluctance: 渋々 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
with great reluctance: いやいやながら デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 144
with feigned reluctance: いかにも不承不承という様子で デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 422
pour with reluctance: やっと流れ出る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 109
obvious reluctance: 逃げ腰になる 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 24
with gut churning reluctance: 断腸の想いでいやいやながら フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 83
understand sb’s reluctance to answer: (人の)気づかいはわかる 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 96
sense sb’s reluctance leave one to one’s own devices: (人を)ほうっておけないらしい フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 173
one’s reluctance to do: 〜に逡巡する 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 155
isn’t that a large part of one’s reluctance to tell sb?: (人に)打ち明ける気がしないのは、おもにそのためだろうか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
excessive reluctance to confide in sb: (人に)対して遠慮しすぎたこと 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 234
be having a terrible time with sb’s reluctance to do: (人が)〜したがらないので参っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 326
Toby resumed with a show of reluctance: トビーは、さもいいにくそうにいった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
sense sb’s reluctance to leave one to one’s own devices: (人を)ほうっておけないらしい フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 173
ツイート