× Q 翻訳訳語辞典
thinks  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

try to think of ...: 〜はないかと考える
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 29
be able to do what one thinks is right: だから良いと思う所を強いて断行する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 185
be annoyed because sb thinks that sb has guards out there: 護衛たちは何をしているのかといぶかる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 515
They'll assume Sidd thinks that someone on the staff leaked all this stuff: 球団の誰かがすっかりばらしてしまった--シドがこう考えるだろうと、球団側は読んでるだろうな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 203
one thinks it’s awful of one: われながら空恐ろしい
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 262
when sb thinks back now: 後で考えてみると
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 20
at the hour that sb thinks best: ころあいを見はからって
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 243
and sb thinks one’s being clever: あんな間ぬけなまねをしていやがる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 170
And St John has a wife, and Robbins's CO probably thinks she went AWOL: それにセント-ジョンにはかみさんがいるし、ロビンズの上官は彼女が無許可離隊をきめこんだと思っているかもしれん
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 53
with commendable poise, sb thinks: その沈着な態度は見上げたもの、と(人を)感服させながら
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 231
Only a man who's still in love (or thinks he is) can fetch a sigh that deep: 恋をしてる男か、自分が恋をしてると思いこんでいる男でなきゃ、あんなに深々とためいきをついたりしないぜ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 14
the whole family thinks on its feet: 家族の一致団結
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 228
be fundamentally how sb thinks: (人の)考え方の根本だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 206
He still thinks the world of you: うちの人、いまでもあなたのことをすごく尊敬しているのよ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 144
..., one thinks inconsequentially: 〜、埒もない考えが、〜の頭をよぎる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 298
he thinks for one terrifying instant that ...: 〜と思ってぞっとする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 82
He kills any jobs that he thinks might monitor him: 自分の足跡が残るおそれのあるプログラムは容赦なく破壊する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 49
He thinks of me in simpler terms: lazy: 一方、彼に言わせれば、わたしはぐうたらの一語に尽きる
the more one thinks about ..., the more one does: 〜を考えているうちに〜してくる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 96
sb thinks it’s nifty to hang out with guys who ...: (...する)男たちとたむろして、それがかっこいいと思っているのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
when one thinks about it now: 今から思えば
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 107
sb obviously thinks ...: (人は)きっと〜と思ってるんだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 255
sb plainly thinks ...: (人の)目には〜と映る
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 312
Privately, he thinks he's stronger and has a better sense of direction: 男性側は密かに、体力において、また、方向感覚において、自分のほうがはるかに勝ると思っていた
the puzzled child thinks to oneself: 面くらった少女は、心のなかでつぶやく
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 104
the puzzled child thinks to oneself: キツネにつままれた思いでひとりごと
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 94
When Norman thinks of bellboys, he thinks of Quadrophenia: ベルボーイっていうとノーマンは『さらば青春の光』を思い出すんだ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
rest of the world thinks sb is the murderer: 殺人の濡衣を着せられる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 248
turn to sb to see what sb thinks: 「どう思う?」というような顔で(人を)見る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 340
see what sb thinks: (人)の顔色を窺う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 135
surely, sb thinks cynically: そうだとも。(人は)ひねくれた気分で一人うなずく
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 220
She just thinks: ただ勘ぐっているんだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 346
The Reverend Mr Hunnings thinks he has the answers: かの聖なるハニングズ師はその答えを知っている気でいる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 37
Amen, thinks Burr, transfixed with admiration: アーメン。バーはほれぼれして胸の内でつぶやく
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 160
Ted thinks about it for a moment: テッド、一瞬考え込む
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 30
thinks is this sb’s notion of a sexual overture?: これが(人の)口説きの流儀かしら、と訝る
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 101
Please God, let her be the treasure Jackie thinks she is: 後生だから、ジャッキーが思いこんでいるような逸材であってくれ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 40
what one thinks of as America: (人が)アメリカとして考えるイメージ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
ツイート