× Q  ?  翻訳訳語辞典
forgotten
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
忘れられた
   
forgotten excitement: 忘れられたときめき 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 166

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

have forgotten all such memories long ago: そんな記憶もとうに失なってしまった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 440
I had forgotten all about Mawson's in my joy: 私は、うれしまぎれに、モースンのことはすっかり忘れていました ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 86
have forgotten all about ...: 〜のことはきれいさっぱり忘れている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
sb1’s decision to leave sb2 is almost forgotten: (人と)別れなければと気負いこんだ決心は、もうとうに鈍っている 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 55
an almost forgotten shiver of delight: 忘れかけていたわななき 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 116
a few hidden contents long forgotten in the back of the drawer: ひきだしの奥に長くほったらかされていたこまごまとしたもの タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 174
have a blind eye turned to be forgotten ...: 黙認され、許容される 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 14
capitalize on forgotten yearnings: 忘れられていた憧憬を逆手に取る マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 274
how one could have so completely forgotten sb during one’s trip: (人のことを)旅の間中、どうしてあれほどきれいに忘れられていたのだろう 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 53
Even so, I've forgotten completely what I said: でも何をしゃべったのかはすっかり忘れてしまった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 127
have completely forgotten about ...: 〜を忘れてしまう 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 108
Confused, I tried to grasp it, but it had already been forgotten: あわてて思いだそうとしたが、もう忘れてしまっている 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 8
this forgotten eccentric: この忘れ去られた変人学者 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 45
have forgotten the entire incident: 例の件などすっかり忘れる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 43
have nearly forgotten to ask: うっかりききわすれるとこだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 90
have I forgotten something?: おれの記憶がおかしいのかなあ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
have forgotten: 昔のことが思い出せない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
have long been forgotten: 〜は昔のことだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 427
I have forgotten: そうか、忘れていた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
must be forgotten & forgiven: 水に流して忘れるべきだ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 269
have nearly forgotten the sensation: そういう楽しみはもう殆ど忘れかけている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 387
have long forgotten sth: 〜をとうに忘れている ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 32
have forgotten that ...: 〜をすっかり忘れていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
would be forgotten: うるさがっている トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 58
why, I’d forgotten: ああ、そうだ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 75
that was something I’d forgotten: そこまではわたしも思い及ばなかった ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 230
sth, forgotten: 忘れもの スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
I’d forgotten: そうだ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 290
have rather forgotten my Wagnerian days: ワグナーに熱中した日々ももう遠くなってしまった アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 102
have never forgotten sth: 〜がよっぽどこたえる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 343
be never to be forgotten: いまだに語り草だ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 21
as if sb has forgotten something: ふと、忘れ物に気づいたみたいに イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 283
nationalities be forgotten: 国籍などは意味がなくなる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240
have indeed forgotten: すっかり忘れている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 104
be largely forgotten: あらかた忘れ去られてしまう ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 127
lay forgotten: 投げ出されている ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 346
But maybe Nettie hadn't forgotten her: しかし、ネッティのほうはどうやら彼女を忘れていなかったらしい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
Tut, you will find that I have not forgotten old times,: ふん、今にわかるが、わしは昔のことは忘れちゃいないよ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 112
翻訳訳語辞典で経済金融・証券会計訳語辞典も引ける広告なしの Pro版発売中!
ツイート