× Q  ?  翻訳訳語辞典
flesh

主要訳語: 肉(9)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
言葉にする
   
find no sense or strength to flesh itself in: (感情を)言葉にするほどの知覚も力もない ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 156
実物
   
want to see sb in the flesh: (人の)実物を見たいと思う イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 101
   
one’s flesh is already shrinking: 身を硬くする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 260
人間味
   
the flesh be pressed to a sufficiency: 人間味が相手に十分刻みこまれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
人肉
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 185
生身
   
appear in the flesh: 生身の姿をあらわす レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 37
   
the bristly flesh around sb’s cheeks: 頬のまわりの毛の生えた肉 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
stringy gobbet of flesh: 細長い肉の切れはし スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
sb’s eyes, pocketed by all that used flesh: たるんだ肉の奥にある目 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
restore sb’s virgin flesh: (人の)清らかなる肉をよみがえらせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 45
exposed flesh beneath what have been the nail: 爪がはがれたあとに露出した肉 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
deep in one’s flesh: 肉の奥深く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
cut into the flesh of one’s palm: 掌の肉に深く食いこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
born of one’s own flesh and blood: 血肉をわけた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 457
a lot of slack flesh: だぶついた肉がたっぷり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107
肉親
   
be one’s own flesh: (人の)肉親だ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 32
   
be aware of one’s flesh beneath the clothes as continues: 着物の下の肌がどこも一続きに感じられる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
皮膚
   
loose pale flesh: だぶついた白い皮膚 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 172
表面的な
   
It's only a flesh wound: ほんの表面的な傷よ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 186

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the flesh of a drowning victim: 水死体 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
in the flesh: みずから手を下す ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 362
flesh out ...: 〜を補う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 115
she is still flesh and blood: やはり生き身の女だ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 81
see the great man in the flesh: この一代の碩学の顔容に一目接する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 215
it is asking too much of flesh and blood to expect sb to do ...: (人に)〜させようというのはできない相談だ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 162
flesh a deal out: 契約を煮つめる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 368
bring up goose pimples on one’s flesh: 鳥肌がたつ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 224
Blood and hair and stringy gobbets of flesh flew up in the bright autumn sun: 血と髪の毛と細長い肉の切れはしが、秋のまばゆい太陽のもとでとびちった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
charred flesh: 焼ける人肉 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 185
chunk of flesh: 肉のかけら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
The tines of a large chrome fork seemed to be planted deep in her flesh: クローム製の巨大なフォークの先端が、深々と肉に突き刺さったような痛みだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
disinherit one’s own flesh and blood: 自分の骨肉の人間に遺産を残すのをとり消す アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 279
He picked up a knife and spread the sauce evenly over the white flesh: 彼はナイフを手に取って白身の魚の上にまんべんなくソースをのばした ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 12
see her as a lump of evil flesh: (人が)したたかな肉の塊に見える 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 220
be overcome with a flesh-tingling fear: ぞっとするような恐怖をおぼえる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 98
flesh flower: 生花 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
slash and prod, hoping to strike flesh and bone: 精いっぱい肉よ裂けろ骨も砕けよとばかりに太刀を振りまわす マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 227
He was filled with a mist of soft, languid flesh: やさしいだるい肉の霧で内部が充たされ、 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 360
a pale rim of flesh: 白い肌の線 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 179
sink one’s strong white teeth into its perfect flesh: 丈夫な白い歯で新鮮な果肉にかぶりつく ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 378
This was the dull, somber sound of blows striking upon flesh: 打たれる肉の鈍いおごそかな音が伝わってきた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 369
nature at times meaning just life itself, at times the flesh: 生命といっても肉体といってもよいが 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 192
ツイート