× Q 翻訳訳語辞典
mere   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うっすらと
   
with a mere scattering of snow on ...: うっすらと粉雪をふりかけた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 162
すぎない
   
if the world were mere emptiness: 世界が虚妄にすぎないならば 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
すむ
   
get away with mere suspension: 営業停止ですむ 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 133
たあいのない
   
show of mere friendship: 友情を装うたあいのない芝居 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 216
たかが
   
a mere college student: たかが、高等学校の一生徒に過ぎない 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 44
たんなる
   
be a little too hot to be dismissed as mere annoyance: たんなる嫌味と聞き流せないような棘がふくまれている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
つい
   
be a mere hundred and fifty metres behind sb: (人の)つい百五十メートル後方にいる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
ほんの
   
mere boy: ほんの若者 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 234

   
a mere intern: 一研究員 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 32
一〜
   
a mere family: 一家族 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 5
一介の〜にすぎない
   
a mere piano teacher: 一介のピアノ教師にすぎない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 14
一介の〜風情
   
a mere professor of molecular biology: 一介の分子生物学教授風情 セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 16
表向きの
   
be mere pretext for ...: 〜の表向きの口実である ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 99

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

transcend mere humanity: 人間であることを超克する
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 128
the merest accident opened sb’s eyes: ふとした出来事で気がつく
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 141
the mere wonder of the spectacle enthralls one: その光景のすばらしさに陶然とする
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 151
the mere thought of it opens up sth to me: そう考えてみるだけで、僕の頭の中に〜が浮かんでくる
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 76
the mere thought of it: 思ってさえも
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 130
sink to becoming a mere merchant: 商人となり下ってしまう
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 123
one can hardly think of them as mere worms: 虫けらとも思えない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 17
one’s eyes almost start out of one’s head at the mere mention of the word “...”: 〜というだけで目の色を変える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 27
mere skin-bags stretched over bony frames, with strings for muscles: 筋肉の代わりに骨格に皮袋を、糸をつかってかぶせたみたいだ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 42
mere machines are hardly worthy of ...: 機械の分際で生意気だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
get sth for the merest trifle: まるでただ同様に安く買ってくれた
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 63
find the work something more than mere pornography: (作品を)好色本として片付けることはできないものだ、と考える
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 216
eat only the merest bit: ほんの申し訳ぐらいしか食べない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 58
deducting a mere trifle for this slight mistake: このちょっとした過ちのために、少しは評価も落ちている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
be told off by a mere woman: 女にたしなめられる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 45
be no mere phrase: 誇張ではない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 69
be no mere figure of speech in sb’s case: 〜の場合、決して誇張ではない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 3
a penniless young fellow, a mere nobody: 文無しで名無しの男
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 54
a mere vulgar intrigue: つまらない情事
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 89
a mere man must have some vent for his emotions: 男だもの何か気持ちのはけ口がなくちゃ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 45
mere beauty can fill sb’s eyes with tears: たんに美しいというだけのものに接すると、思わず眼がしらが熱くなる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 79
be not mere boastfulness: 単なる見栄っ張りだけでは決してない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
be likely to consist of mere wind: 無意味な言葉をつらねただけと取られかねない
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 39
the mere discussion of money: 金の話を聞くだけで
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 63
would surely question a mere statement to that effect: 単にそのような趣意の主張に対しては異論をとなえるでしょう
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 75
the mere fact that ... makes sth ...: 〜というだけでも〜だ
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 116
stimulate sb to mere fancy: (人)ならただ恋情をかきたてられるだけ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
the after punishment grows a mere thing to laugh at: そんな罰ぐらいは笑いの種にすぎない
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 65
idle along at a mere seven knots: 時速七ノットののんびりした航行
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 175
mere touch of sth would kill: 触っただけでも命取り
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 157
be officers rather than mere lackeys: ただの兵隊ではなく幹部だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
say out of mere politeness: ほんの愛想のつもりでいう
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 69
a mere recital of events: 単なるあら筋
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 171
show of mere friendship: 友情を装う芝居
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 216
something more than mere snobbery: 単なる功名心以上の要素
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 372
Now, of course, the mere suggestion inflamed his new libidinal itch: だがいまでは、もちろん、この単なるほのめかしを耳にしただけで、スターンの新しい性のうずきが燃えあがりそうになる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 155
Surely a mere kiss didn't obligate me!: 接吻だけで責任はないんだ
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 176
mere tilt of one’s head: ほんの少し首を動かしてかぶりを振る
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 130
for a mere breath of time: そのほんの一瞬
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 321
for a mere breath of time: ほんのつかの間
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 246
It is unimaginative, flat, dry, and likely to consist of mere wind: 想像力に訴えないし、単調で、無味乾燥だし、無意味な言葉をつらねただけと取られかねない
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 39
as if a mere ship were altogether unworthy of sb’s notice: 船なんか眼中になく
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 93
mere whining: ただの泣き言
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 22
ツイート