× Q  ?  翻訳訳語辞典
stranger

主要訳語: 他人(6)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜と無縁な男
   
be an absolute stranger to ...: (人)ほど〜と無縁な男はいない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138

つきあいがない
   
be total strangers to the kind of the world sb knows or has experienced: 〜に深いつきあいをした経験がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
どこかの男
   
five strangers: どこかの五人の男 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
はじめての子
   
a stranger: はじめてのこ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 156
はじめて見かけるお人
   
be a stranger younger as himself: はじめて見かけるお人で、若様と同じくらいの年かっこう ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 155

ヤジ馬
   
fend off strangers: ヤジ馬をかわす ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 473

縁もゆかりもない男
   
stranger with a kind face: いかにも親切そうな顔をした縁もゆかりもない男 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 572
怪しい人物
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 60
怪しい男
   
said the stranger: 怪しい男はいった スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 22
<例文なし> バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 208
外部の利用者
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
気心の知れない人
   
dislike having a stranger in the house: 気心の知れない人は厭だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 196
見ず知らずの
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 34
見知らぬ人間
   
make strangers feel welcome: 見知らぬ人間を快く迎え入れる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 349
見知らぬ男
   
the gingery stranger: 金褐色の髪の見知らぬ男 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
行きずりの人
   
pass some stranger in the street: 行きずりの人に行きずりに別れてしまう 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 34
行きずりの他人
   
The help came from a stranger and was to be repaid to a stranger: 行きずりの他人に借りたものは行きずりの他人に返せということだった フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 218
初対面
   
you are a stranger: あんた初対面だったわね レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 122
   
be not used to strangers: 人慣れしていない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 40
正体不明の女
   
<例文なし> アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 83
他人
   
total stranger: 赤の他人 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 23
everyone starts out strangers: だれだって最初は他人 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 117
be reluctant to let a stranger see into one’s heart: 他人にはなかなか心のうちを明かそうとしない男だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 519
be complete strangers: 百パーセント他人 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 117
as though sb were a stranger: 他人がましい 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 99
act like sb is a stranger: 赤の他人みたいに(人に)接する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 368
部外者
   
wrongly directed strangers: 迷いこんだ部外者 フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 40
別人
   
start to feel one have become a stranger to oneself: あたかも自分が別人のような気がする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 174
未知の人間
   
I really don't think he's a complete stranger: たしかに、ぜんぜん未知の人間じゃないのかもしれませんね 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 83

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

total stranger: 見ず知らずの他人 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 124
Mr Stranger Danger: 悪鬼 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
Mr Stranger Danger: 羅刹 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
complete stranger: 見ず知らずの(人) 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 93
be a stranger: 馴染んでいない 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 34
a total stranger: アカの他人 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 75
a total stranger: 見ず知らずの人間 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 59
a perfect stranger: まるで見おぼえのない人 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 136
you are a stranger: すっかりお見かぎりだね レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 162
too nice to strangers: 外面が良すぎる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 109
stranger who came to sb in need: 見知らぬ困窮者 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 218
make it look like a stranger did it: 行きずりの犯行に見せかける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 235
look like a stranger: まるで人が変わったようだ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 196
hear ... in the mouth of this stranger: その耳ざわりな声が〜を口にするのを聞く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 381
have become extremely shy of strangers: 非常に人見知りをする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 82
feel less like a stranger in this town: この街に、少しは受け入れられたような気がする ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 350
be not a stranger: 知らない仲じゃない ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 116
be no stranger to ...: 〜にかなり詳しい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 379
be no stranger to ...: 〜に関しては、まんざら縁がないわけではない オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 194
He was not prepared for the claustrophobic admiration of this stranger: この知らぬ男の息苦しい崇敬をうけいれる用意はなかった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
a cold, unseen stranger: 冷酷で透明人間のようなエトランジェ オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 165
a complete stranger: まるきり知らない人 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 38
a complete stranger: 見も知らぬ人間 ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 50
have got one’s death-hurt in the scuffle with the stranger: あの男との格闘のために致命傷をうけた スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 25
there are stranger things in heaven and earth than some of us dream of: 事実は小説より奇なりという言葉もある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
not exactly a stranger: まるっきり見知らぬ男ではない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 209
the little fat stranger: ずんぐり太った見知らぬ男 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 325
be infinitely stranger than anything which the mind of man could invent: 人間の想像もつかないほど、ひどく不思議なものだ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 93
a perfectly respectable stranger: ごくまともなよそ者 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 143
be politer to a stranger: はじめての子にはもっとていねいな態度をする ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 156
The stranger continued his recitation: 男は読み上げをつづけ、 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 22
the awkward trio of semi-strangers: まだ知り合って間のない三人 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 109
do stranger things: もっととっぴなことをやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
be alone, with a stranger: ただひとり、異邦人と相対している ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 29
ツイート