× Q  ?  翻訳訳語辞典
invite

主要訳語: 誘う(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
いう
   
be invited to do: 〜しろといわれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 481
うちにお寄せする
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 47
うながす
   
"Name me a price," Gaunt invited: 「呼び値は?」ゴーントがうながす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
すすめる
   
invite sb to share sth: (人)にも(物を)すすめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
invite sb to linger: (ひとに)ゆっくりして行くようすすめる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
そそる
   
invite a merry response from sb: (人の)嬉しさをそそる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 85
よぶ
   
invite a speaker: 講師をよぶ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 160

引く
   
invite some curious looks: 好奇の目を引く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 69
勧める
   
be invited to take a seat: 椅子を勧められる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
呼びかける
   
invite everyone to remember in prayer sb: (人の)ため、ともに祈ることを列席の一同に呼びかける クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 183
呼びだす
   
invite sb into the hallway: (人を)玄関わきの廊下に呼びだす オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 165
呼び出す
   
invite sb into the hallway: (人を)廊下に呼び出す O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 232
呼ぶ
   
invite sb: (人を)呼ぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 42
手招きする
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
集める
   
invite sb here: (人を)集めて騒ぐ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 102
招き入れる
   
invite sb to bed with one: (人を)自分の寝床に招き入れる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 45
招く
   
before a number of invited guests: 客を招いて 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 71
申し込む
   
invite sb to dance: ダンスを申し込む フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 183
声をかける
   
invite sb to come back tomorrow: 明日もいらっしゃいって声をかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
待っている
   
invite questions: 質問を待っている ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 57
誘う
   
if invited: 誘ってくれるものなら フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 87
be inviting further contact: 接触の継続を誘っている イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 52
be invited to do: 〜しないかと誘われる ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 172
要求する
   
continually invite a serious response: 真剣な反応をたえず要求する ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 87
来てもらう
   
invite sb to stop in: (人)にもここへ来てもらう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
来ないかと言う
   
invite sb to go out to ...: (人に)(場所)に来ないかと言う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 327
連れてくる
   
invite sb: (人を)連れてくる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 185

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

invite sb inside: (人を)室内に招じいれてくれる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 138
invite sb in: (人に)家に入ってもらう レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 49
invite sb in: (人を)請じいれる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 91
invite sb in: 家の中に上ってもらう 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
invite notice: 人目に立つ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 501
invite bullying: 長いものに巻かれる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 122
invite ...: 〜といってやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
be invited: お呼びがかかる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 93
seem like inviting disaster: 冒険的にすぎる 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 19
it is a waste of good food to invite sb in for meals: あんな者にご飯をだすのはもったいない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 77
invite the disdain of the world: 世の爪はじきを受ける 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 109
invite sb to take over ...: 〜を(人に)まかせる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 173
invite sb to stay after the shop close: 店閉まいしたあとも(人を)引きとめる ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 28
invite sb to do: 〜しないかと(人を)誘う サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 232
invite sb to do: (人を)つかまえて〜しろと言う ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
invite ridicule and provide material for ribald comment: 恰好な笑い話、ゴシップの種とされる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 371
dropping one’s soft voice to a tone that invited confidence: (人の)猫なで声は、そこでまたいちだんとヒソヒソ話の口調になって ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 330
be invited to do: 〜しろと指示される ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 165
a question which clearly invite the truth: 真実に関する質問 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
invite my dad’s sister Francesca over to play board games: その日は父の妹のフランチェスカを招いてボードゲームをした ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
invite to collaborate on projects: 仕事を依頼する ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 368
invite simply everybody: 人をだれかれなく招待する ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 135
invite sb home for ...: (人を)自宅に誘い〜をふるまう ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 166
She'd invite my dad's sister Francesca over to play board games: その日は父の妹のフランチェスカを招いてボードゲームをした ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
The thought of Rie made him hesitant to invite her to his own house: 梨枝のことを思うと、自宅へジン・ジャンを招くのが何となく憚られたからである 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 222
to invite someone over afterward to join us: ディナーのあとでわたしたちの仲間に入るような人を誰か呼ばない? プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 106
be not too lowly to invite bullying: 長いものに巻かれるほどでもない リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 122
invite sb in for a quick coffee: 軽くコーヒーでもとさそう ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 290
sponsor a lecture and invite a speaker: 講師をよんで小講演会を催す 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 160
ツイート