× Q 翻訳訳語辞典
blow   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おしゃかにする
   
blow everything by being so dumb: このまぬけさかげんのおかげで、いっさいをおしゃかにする クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 422
かたっぱしから〜する
   
blow residencies to dismantle: 居宅をかたっぱしから閉鎖する ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 81
しくじる
   
blow it: しくじる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 385
なびく
   
sb’s hair blows gently in the breeze, glowing in the sunlight: (人の)おくれ毛はさらさらと陽に透けて風になびく 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 7
ふかす
   
blow smoke: たばこをふかす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 48
ぶくぶく吹く
   
blow into one’s straw: ストローをぶくぶく吹く 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
ぶちこわす
   
Stephen sat silent, not sure how to handle the situation without blowing it: スティーヴンはこの申し入れをぶちこわさずに状況に対処するにはどうすればよいかきめかねて、無言で坐っていた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 181
have blown past airy humor: さっきまでのユーモアの雰囲気をぶちこわしてしまった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 313
ぶち壊す事件
   
a blow to ...: 〜をぶち壊す事件 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 178
ぶっ飛ばす
   
find some way to blow this one: こんな相手ぶっ飛ばしちまえ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128

クビ
   
be blown: クビになる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
フイにする
   
almost blow it: あやうくいっさいをフイにするところだ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 419

一撃
   
the sheer awfulness of that blow: ほんとうにすさまじい一撃 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 300
the blows do severe damage: その一撃が与えた被害 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
一本やられてがっかり
   
rally from the blow: 一本やられてがっかりしたが、すぐ気をとりなおす アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 280
洩れている
   
be blown sky high: 完全に洩れている ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 119
殴る
   
deliver some hard blows to ...: 〜を思いきり殴る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
決定的な打撃
   
the blow came on opening day: 決定的な打撃は開店当日に訪れた ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 45
告げる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
自爆する
   
blow sth up: 自爆する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
襲う
   
blow into sb: (人を)襲う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 288
傷つけられた
   
an expression of chagrin at this blow to one’s pride: 矜りを傷つけられた者の我慢ならない表情 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
消えてしまう
   
all just blow away: きれいさっぱり消えてしまう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 139
衝撃
   
sink under the blow: 衝撃に参ってしまう レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 46
be such a blow: ひどい衝撃だ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 46
吹かれる
   
hair blowing in strands across one’s face: 毛が風に吹かれて顔にかかる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 28
吹きちらす
   
be blown by the wind: 風に吹きちらされる 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 19
吹きならす
   
blow through long pipes of reed or brass: 細長い蘆笛か真鍮の笛を吹きならす ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 198
吹き荒れる
   
blow through one: 体内を吹き荒れる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 30
吹き渡る
   
looking in the direction the wind is blowing: 陸から吹き渡っていく風の向うに 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 225
吹く
   
like a gust of wind blow away ...: 〜を塵の如くに吹き払う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 104
let the wind blow gently on one’s wet body: 濡れた身体を風に吹かせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
a warm salt-scented wind is blowing in off ...: あたたかい風が潮の香を乗せて〜から吹き寄せている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 196
a steady wind is blowing: 風がひっきりなしに吹いている ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 270
息を吹きかけてあたためる
   
blow on one’s fingers: 指に息を吹きかけてあたためる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
台なしにする
   
blow whatever good time one have accrued: 手に入れた特典を台なしにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 330
叩く
   
blow sb’s goddamned head off: (人の)ことを足腰の立たないくらい叩きのめす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 204
中止させる
   
blow the mission off: 作戦を中止させる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
痛手
   
be a cruel blow to sb: (人に)大きな痛手をあたえる 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 126
答える
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 372
破裂する
   
blow oneself up: 大音響とともに破裂する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 25
爆発する
   
until sth blow off: 〜と思ったとたん、(物が)爆発する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
blow off in a memorable eruption of orange and yellow flame: オレンジ色と黄色のものすごい炎とともに爆発する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
風が吹く
   
rain blows against the window: 雨まじりの風が窓に吹きつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 179
風にひるがえる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
膨らます
   
blow out one’s cheeks: ぷうっと頬を膨らませる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 214
鳴る
   
the wind blows over ...: 〜で風が鳴っている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
猛打
   
shower blows upon sb with her free wing: 自由のきく方のつばさで猛打の雨をふらせる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 92
炸裂する
   
blow inward: 内に向かって炸裂する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

strike another blow: もうひとついく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 75
blow up completely: 完全に逆上する
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 66
blow up ...: 〜をすっかり変える
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 27
blow through: そっと吹きぬけていく(微風)
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
blow the horn: クラクションを鳴らす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 98
blow stronger: しだいに吹きつのる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 74
blow something important: せっかくチャンスを台なしにする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 447
blow sb big-time: (人を)世間の笑いものにする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 188
blow sb away: (人に)つけ入る隙を与えない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 198
blow past sb: さっと通りすぎる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
blow one kiss: 投げキスを送る
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 155
blow one’s top: ヒステリーを起こす
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 58
blow one’s gasket: 大暴れをやる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 274
blow one’s cover: (人の)素性が割れる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 520
blow off steam: うっぷん晴らし
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 151
blow me!: しゃぶるんだ!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
blow it out: とどめを刺す
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 432
blow it: それをパッと使う
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 301
blow it: へまをしでかす
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 131
blow away sb: 殺す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 328
blow away ...: 〜を吹きとばす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 170
blow away: けしとぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
blow away: 跡形もなく消えてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
blow away: 風にとばされる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
a blown knee: 膝が壊れてる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 267
a blow to sb’s pride: 虚栄心
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 66
your man blew it: 大将しくじったよ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 246
wait for the occasional stink to blow over: いやな匂いが消えてくれるのをじっと待つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
until it blows over: ほとぼりがさめるまで
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 48
things are already getting blown way out of proportion: 事態はどうしようもなく大げさに受け止められている
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 81
the wind blows strongly and it has a keen edge: 容赦なく斬りつけてくる強風
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 299
the blow could have been serious: 打ちどころが悪かったら面倒なことになるところだった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
take a great blow: つらいことがある
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 226
strike such a blow: こんな仕打ちをする
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 243
strike sb like a blow: がんと(人を)うちのめす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 397
really blow my mind: ほんとうに頭きちゃう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
puff and blow one’s snivelling hearts out: ブルンブルン鼻を鳴らす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 254
must have blown over: とにかく一件落着とあいなった
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 143
light breeze blowing off the water: 多少の海風
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 84
let it blow quietly away: おだやかに手を切る
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 79
it just blew you away, right?: ショックだったでしょう
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 44
don’t blow your top: そうかっかとせずに
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 348
cannot risk blowing sth: しくじるわけにはいかない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
blow up in sb’s face: 派手な失敗をやらかして(人の)顔に泥を塗る
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 32
blow through one’s nose like a fog-horn: 霧笛のように鼻を鳴らし
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 13
blow through luscious palm tree: 椰子の木を気だるく揺らす
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 133
blow the whistle to sb: (人に)教える
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 84
blow sth over and toss sth about like a leaf: 木の葉のように翻弄する
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 198
blow staff to dismiss: スタッフの首をなで切りにする
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 81
blow smoke up one’s ass: もったいぶる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 30
blow sb sky high: (人を)殺す
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 79
blow sb out of the water: (人を)叱りつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
blow sb down and pick sb up: いいように弄ぶ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 169
blow out into the wind: 風に乗って空を飛ぶ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
blow one’s nose between one’s fingers: 指で鼻をつまんで水を出す
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 120
blow one’s mind completely: パニックだ
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 87
blow just right and all sth fly away: 一息できれいに吹き飛ばす
blow hot and cold: 気まぐれで定見がない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 76
blow a stream of cigar smoke over ...: 〜へ葉巻の煙を吹きかける
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 152
blow a play in the field and cost sb a game: 自分のエラーで試合を落とす
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 187
blow a little smoke up sb’s asses: ちょっと煙幕を張る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 239
blow a hole in the fog: 一面の濃霧を吹き払う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 216
be dealt a severe blow by sth: 〜によって著しく傷つけられる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 138
be dealt a blow: 一撃をくらう
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 312
be blown through guilt by association: 連帯した相手を見れば、にわかにうさん臭いものに変わってしまう
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 174
be blown around by the wind: 〜が風に送られて飛ぶ
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 84
be a staggering blow to sb’s pride: (人の)矜りをずたずたにする
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 82
be a severe blow to sb’s self esteem: 〜が、(人の)自尊心を傷つける
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 103
be a blow to one’s dignity: 尊厳を傷つけられる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 63
a side window blows out: 横手の窓のひとつがはじけとぶ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 454
a dank, malodorous breeze comes blowing across ...: 臭気と湿度の高い風が渡って来る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 168
a blow is struck upon the door: 誰か扉をたたく者がある
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 194
a blast from a blow torch: 溶接工の使うバーナーの炎
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 86
blow all hands up if one were in any ways molested: 手出しをしようものならどいつもこいつも吹っとばしてしまうぞ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 131
Possibly because of the blow Hideo's face became animated: 秀男の顔は、なぐられてか、生き生きしてきた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 62
arbitrarily blow: 風にはためく
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 12
in a blow-by-blow narrative: 一つ一つ事細かに説明する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 144
blow-hard:不平の多いうぬぼれ屋
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 118
have wine and a real blow-out: ワインをあけて大いにたのしむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 334
blow-torch:工事用の巨大なブローランプ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
We both need to blow off steam: おたがい、うっぷん晴らしが必要なのだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 151
blow bubbles at each other: たがいに腹の探りあいをする
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 94
calamitous blow: 大災害
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 92
be dealt a heavy blow by sth: (〜によって)壊滅的な打撃を蒙る
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 122
blow smoke defiantly: 挑発的な態度でたばこをふかす
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 48
double blow: かさなる打撃
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 51
cold gusts of wind blow fiercely: 寒風が吹きすさんでいる
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 219
feel as though one have received a hammer-blow to one’s head: 強く頭を叩かれたような衝撃をうける
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 202
a hammer-blow: ハンマーの一撃
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 389
cloud-fragments blow across the intolerable face: ちぎれ雲が、まばゆい面をよぎる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 86
blow through luscious palm tree: 椰子の木をけだるく揺らす
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 133
offer the first blow: 第一撃を見舞う
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 274
the slightest wind will blow ... away: ちょっとでも風が吹けば〜はたちまち吹きとばされる
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 21
wind blow the rain into one’s face in spurts: 風が雨を(人の)顔に勢いよくたたきつける
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 12
ツイート