× Q 翻訳訳語辞典
generally   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いつも
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 250
おおかた
   
generally understand: おおかたわかる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 186
おおむね
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 9
ざっとでいいから
   
'Generally,' said Stern: 「ざっとでいいから」スターンは促した トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 124
それとなく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
たいがい
   
be generally on hand to meet sb: たいがい迎えに出ている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 401
たいてい
   
generally one can make a shrewd guess: たいていおよその見当はつけられるものだ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 125
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 96
たいては
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 406
だいたい
   
that’s generally the idea: だいたい、そうお考えになっても結構だ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 120
だいたいにおいて
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 367
つねに
   
when there’s a plot, it’s generally for the purpose of gain: 作為は、つねに本人が自身の利益のためにするのだ 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 108
とかく
   
generally make a nuisance of oneself: とかく話をややこしくする リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 223
どちらか
   
generally ignored by staff unless pressed to do otherwise: 病院のスタッフは患者をせきたてるか、無視するかのどちらかだ フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 52
ふつう
   
the face is what one goes by, generally: ふつう、顔で見分けがつくんじゃない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 123
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 222
もともと
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49

一般に
   
what is generally referred to as “cultural shock”: 一般に文化的な衝撃といわれるもの 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
往々
   
be still not generally recognized at ...’s true value: 往々低く見られがちだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 55
決まって
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 225
世間じゃみんな
   
be generally known: 世間じゃみんな知っている レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 131
全体
   
Is that true of the people of the Moon generally: それは月の住民全体の意見ですか アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 420
全体的に
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 17
総じて
   
generally making nuisance of oneself: 総じて鼻つまみになる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 75
generally evil: 総じて根性が曲がっている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 53
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 228
総体的に
   
The industrial nations have generally cut their aid to the developing world: 先進工業国は総体的に開発途上地域への援助を削減してきている ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 5
大体
   
generally speaking: 大体 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 178
大抵
   
generally conform to this type: 大抵そのての女だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
誰もが
   
it is generally felt that ...: 〜と誰もが思う 有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 12
店中に
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 149
半ば
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 309

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

generally speaking: 〜というところですね
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 97
generally speaking: ふつうなら
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 129
be generally inaccessible: 取っつきにくい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 296
the only info one get generally is by ...: 情報はすべて、〜によるものだけだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
the investigation is generally perfunctory: 捜査の発動はまったくありません
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 213
ship’s doctor generally has oodles of time on his hands: 船医なんてもうメチャクチャに閑である
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 17
live generally in good style: 豪勢に生活をはじめる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 170
generally get a finger on ...: 〜はだいたい掌握している
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 239
delights that were generally were not available to sb: (人では)とうてい味わうことのできぬさまざまなたのしみ
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 74
be the generally accepted term for sth: 通常の語をあてるなら、〜だ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 16
be generally agreed that ...: 〜は衆目の一致するところだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 186
be generally so much more appealing to sb than those from the cultured and moneyed nobility: れっきとした貴婦人なんぞよりも、(人の)好みにあう
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 174
generally serve on an ass-kissing basis: ひたすら尻尾を振ってゴマすりに専念する
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 225
Naeko generally understood Chieko’s circumstances now: 苗子は千重子の今の身分も、おおかたわかったので
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 186
it is generally made clear that ...: 〜は半ば公然の事実だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 309
generally make a show of oneself to the delight of sb: (人の)目をたのしませてくれる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 125
generally hit everything one can see: こちとらは、目に入るもの片っぱしから叩きまくる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 83
generally left no written document unturned: 書類はだいたい調べつくした
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 98
generally long-sighted: 全体への見通しがきく
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 206
No; but generally one can make a shrewd guess: ああ。だが、たいていおよその見当はつけられるものだ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 125
be generally although not universally, accepted: 万人にではないにしても、とにかく広く受け入れられる
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 20
be generally vile: 概して低俗だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 234say
ツイート