× Q 翻訳訳語辞典
unusual   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いつにない
   
spark unusual anger: いつにない怒りを誘う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 158
enjoy an unusual period of quiet: いつにない平穏を楽しむ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 244
burst into such a hearty and unusual peal of laughter: わっとばかりいつにないほがらかな笑い声で笑いだす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 173
いつにないことだが
   
take the unusual step of making a fresh pot of coffee: いつにないことだが、新たにコーヒーをいれなおす クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 102
いつになく
   
read the letter from sb with unusual care: 〜からの手紙は、いつになく心にしみて読みとっている 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 195
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 13
いまにはじまったこと
   
be not unusual: いまにはじまったことではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 481
おかしな
   
an unusual father and son: おかしな親子 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 213
ただならぬ
   
something most unusual indeed: なにかただならぬこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 176
notwithstanding an unusual flow of company: 人ごみはただならぬのに ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 299
ときならぬ
   
the unusual experience of saying farewell: ときならぬ別離の騒ぎ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
ふるって
   
the sequel is rather unusual: そのあとがいささかふるってる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
the sequel is rather unusual: その後がすこしふるっている ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 25
めずらしく
   
say with unusual harshness: めずらしく辛辣なものいいをする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 378
めったにない
   
unusual colour: めったにない色合い レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 19

異様な
   
She knew she'd never again in her life see anything so unusual: こんな異様な光景を自分が目にすることはこの先もう二度とあるまい、と彼女は思った カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 95
異例
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 201
異例の
   
unusual freedoms: 異例の自由 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
何時になく
   
say with unusual sternness: 何時になくきつく言う 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 21
格別のものである
   
I experienced an unusual delight in doing the conventional thing: 自分が月並なことをやっているという嬉しさは、私にとっては格別のものだった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 134
奇怪な
   
it is most refreshingly unusual: なんともはや奇怪な事件ですなあ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 69
常ならざる
    辞遊人辞書
心もとない
   
it is unusual for sb to do without ...: 〜なしで〜するのは心もとない マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 221
前代未聞の
   
an unusual demand: 前代未聞の要求 フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 48
只事ではない
   
there is something unusual about ...: 〜は只事ではない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 147
不可思議な
   
a life with some unusual metaphysical feature: 不可思議な超自然の力を持った人間 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 307
不思議な
   
an unusual encounter: 不思議な経験をしている 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 53
並みじゃない
   
That's unusual: これは並みじゃない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 434
変わった
   
spend ..., a most unusual fashion: いつになく変わった時間の過ごし方をする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
変わったところ
   
nothing unusual from the outside: よそ目には変わったところはないが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 328
妙な
   
nothing unusual is happening there: 妙な動きは一切ない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 234

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

very unusual: めったに手に入らない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 110
be highly unusual: 尋常のすじではない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 29
there is nothing unusual about the back turned toward sb: なんでもないうしろ姿だ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 10
there is nothing unusual about doing: 〜は当然のことだった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 60
the relationships of all the quiet couples in the dining room are unusual in some way: ひっそりとテーブルに向いあっている二人連れがどれもみないわくつきの情事のカップルだ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 125
mutter, with an unusual catching in one’s voice, that ...: いつになく、どもりぎみで、〜と呟く
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 46
it is most unusual for sb to do: (人が)〜することはめったにない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 113
it’s unusual but I guess it’s not unheard of: そうですねえ、いけなくはないと思います
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 41
is it so unusual for sb to do: (人が)〜するのがそんなに大きな問題なのか
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 46
in an unusual way: ふつうはありえないことだが
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 46
feel no unusual emotions: 格別特殊な感情もわいて来ない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 145
can find nothing unusual about it: ふだんと変わりのないことを確認する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
be unusual for sb to do sth: 通常(人は)〜しない
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 162
be quite unusual for you: ついぞなすった事もない
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 63
be not unusual for ...: 〜が稀ではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 73
a highly unusual affair of the heart: ただならぬ男と女の心のしがらみ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71
noticed unusual activity around the city desk: 市報部のデスクのいつになくあわただしい動きに注目した
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 13
dare not afford any unusual behaviour: 普通でない行動はできるだけつつしもうとする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 213
unusual forces of attraction and furtiveness: 特別な煽情と秘匿の力
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 156
Certainly there was something unusual about this spring's brilliance: だってこの春の花やかさは只事ではないのであった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 147
this is an unusual encounter: そして今、自分は不思議な経験をしていると思う
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 53
indicate an event of unusual interest: 何か変わったことがある
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 205
There were, naturellement, many unusual requirements to be met: 当然ながら、いろいろと変わった注文がある
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 127
unusual passions have been stirred: 人々の感情が異常にたかぶっている
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 89
burst into such a hearty and unusual peal of laughter: わっとばかりいつにないほがらなかな笑い声で笑いだす
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 173
pick a very unusual way of training sb: すごく変わった方法で(人の)トレーニングをする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 35
unusual preoccupation with ...: 〜に異常な嗜好をみせる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 6
really unusual stuff: ものすごく珍しいもの
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 257
have unusual secrets: 異常をひそめる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 10
unusual passion have been stirred: 人々の感情が異常にたかぶっている
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 89
It was tricky and dangerous, which wasn't unusual: 状況はむずかしく、危険だったが、それはいまにはじまったことではない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 481
ツイート