× Q  ?  翻訳訳語辞典
world’s
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

ちゃんとした躾をしなかった: be hardly the world’s best-trained dog 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
世界でいちばん退屈なもの: the world’s most boring subject スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
世界の経済成長から取り残される: be located at the bottom of the world’s tables for industrial growth サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 107
この世の汚濁に身を巻き込まれる: get oneself caught in the world’s muck トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 94
まったくこの世も末だ: makes you wonder what the world’s coming to レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 258
よそ者にとって世界でいちばん同化しにくい社会: the culture that is now the world’s most difficult to join サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 356
〜なんて世の中に掃いて捨てるほどいて、なにも〜が初めてってわけじゃない: be not the world’s first ..., and one won’t be the last ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 128
世界一強大なハリケーン: the world’s most powerful hurricane クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
この世の非道: the world’s iniquity ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
世間の容赦を知らない断罪: the world’s merciless judgments ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
人工的な大飢饉としては、人類史上最も多くの死者を出したと言われている: ..., in what was probably the world’s largest ever manmade famine ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 2
常軌を逸した整理魔: the world’s most vigorous neat-freak ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 103
この世の汚濁に身を巻きこまれる: get oneself caught in the world’s muck トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 94
世界を自由気ままに旅行している婦人である: be a citizeness of the world’s smoothest roads オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 79
世界最古のグレイスン研究家: the world’s top Grayson scholar ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 39
世界中を自由に飛び回っている婦人である: be a citizeness of the world’s smoothest roads O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 196
世界が全部陸地でできている: the world’s solid ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 203
生物が生きられない海域や、絶滅危惧種: the lists of dead areas in the world’s oceans and of endangered species ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 2
時差のある世界各地の人たち: sb strung out across most of the world’s time zones トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 80
人間をその人のいいぶんや世間の評価に従って判断しない: don’t take anyone at their own or the world’s valuation アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 140
(場所)で万国博が開かれている: host the World’s Fair ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
翻訳訳語辞典で経済金融・証券会計訳語辞典も引ける広告なしの Pro版発売中!
ツイート