× Q 翻訳訳語辞典
danger   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おそれ
   
without the danger of ...: 〜のおそれなしに 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 104

リスク
   
danger to country: 国家へのリスク クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 82

危険
   
there was no particular danger: 別に危険はありませんでした 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 18
there is a distinct element of danger: 危険なのはわかっている ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 233
there’s danger involved: それは危険だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 152
the danger comes upon us: 危険が我々を襲ってくる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 61
see the potential danger: 危険を予知する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 370
mitigate the danger there: 危険をそこでとどめるのに役立つ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
in constant danger: たえず危険にさらされながら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
have to live with danger: いつだってそういう危険を覚悟しなければならない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 134
feel that one is in danger: 身の危険を感じとる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
be out of any real danger: 大きな危険はない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 130
be in terrific danger: とんでもない危険に驚いて サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 274
be in danger of one’s life: 危険な目に遭う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 219
avoid danger in any form: 危険という危険を避けて通る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
all life is danger: 世の中どうせ危険だらけなのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 111
危険さ
   
danger in sneaking into the wall: 抽斗の跡へ身をひそめたりする冒険の危険さ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
危険なところ
   
there is danger in what comes next: この次が危険なところだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 544
危険な存在
   
become deadly danger: きわめて危険な存在になる アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 227
a habitual criminal and a danger to society: 犯罪常習者にして、社会にとって危険な存在だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 374
危難
   
He had to rescue him from danger and scandal no matter what the cost: 何としてでも彼を危難と汚名から救い出さねばならなかった 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 324
from the hour of one’s danger: あの危難の日以来 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 232
気づかい
   
there is no danger of it: 全然その気づかいがない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 158
剣呑
   
be in real danger: 剣呑だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 102
心配
   
there is no danger of doing ...: 〜する心配はない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 296
身のためにはならない
   
know all about the dangers of wanting something too badly: 物を欲しがるのが度を過ぎると、決して身のためにはならないことは知っている ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 149

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Mr Stranger Danger: 悪鬼
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
Mr Stranger Danger: 羅刹
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
be in danger: 危険な状態にある
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 53
be in danger: 危険にさらされている
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 8
be in danger: 危殆に瀕している
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 203
with half an eye to one’s own danger all the time: 刻々と自分たちに迫っている危険の方に、半分は気を取られ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 47
what could it do, if any danger came?: いざってときに、木がなんの役にたつの?
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 34
there is absolutely no danger of ...: 〜する危懼が全く無い
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 38
sb’s life is not in danger: 命に別条はない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 146
our country has now entered a period of trial and danger: 今は国家多難のときだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 219
one’s life might be in danger: 生命にかかわる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 326
look in distinct danger of losing one’s happy thoughts: いまにも幸せな気分とさよならしそうな気配だ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 10
in any danger of cheering up: ほがらかになりそうになるたんびに
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 245
by today’s graphic proof of one’s own danger: みずからの命をこうもはっきりと狙われて
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 137
be in mortal danger: 生きるか死ぬかの瀬戸際にある
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 281
be in imminent danger of being sent home: いつ送還されてもおかしくない
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 138
be in great danger of doing: 危うく〜しかける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 269
be in danger of going out: まさに消えなんとした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 101
be in danger of fainting from exhaustion: 呆然として危うく卒倒しそうになる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
be in danger of drowning in the deep water: 深みにはまって溺れかけている
be in danger of doing: 〜しかねない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 96
be in danger of doing: 〜しそうになる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
be in danger of doing: 〜するピンチに立っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
be a real danger: 危険性が高まっている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 145
aren’t you in danger of doing ...?: 〜するようなことはないのか
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 85
actually enjoy the danger and the risks: 危険や死の匂いに陶酔を感じる
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 30
as to incur considerable danger of receiving one’s dismissal from it, and this life together: うっかりすれば特権からの追放はもとより、ついでにこの世からの追放という危険さえあり得る事実
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 92
can become involved in no personal danger: 万々一にも身辺の危険などあるはずはない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 110
with the immediate danger of fire behind sb: 火事の危険がなくなると
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 203
"There's no danger at all," he replied casually: 青洲はこともなげに、「ああ危険は全くないのや。・・・」と云って
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 135
the speed and chilling danger: 死と隣り合わせの戦闘のめまぐるしさ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 175
such consideration of present danger: 絶えず当面の危険を警戒していなければならない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
dimly sense danger: 漠然とした危険を感じる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 29
be not to be shaken by distress and danger: どんな危険や困難が迫ろうと、ひるむような女ではない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
double suddenly out of danger in the opposite direction: 急角度に身をかわし、反対側にとびのいて危機を脱す
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 214
Especially not when faced with the awful danger of the dreaded Majotaur!: とりわけ、おぞましき魔乃タウロスの恐ろしい危険に直面しているときには
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 135
leave one’s family alone and in danger: 妻子をおいて出かけ、危険にさらす
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 193
an adventure fraught with danger: 相当危険な冒険
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 21
instinct about danger: 危険を察知する嗅覚
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 176
sense some vague, instinctive danger in ...: 〜に漠とした危険を本能的に感じる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 86
become intimate with danger: 危険とぴったり一体化する
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 180
fear, like danger: 危険だけでなく、恐怖も
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 165
that is plainly the last signal of danger: まちがいなしのところ、最後の危険信号だ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 49
We politicians have to live with danger--it's an everyday part of our lives: しかし政治をとる身はいつだってそういう危険を覚悟しなけりゃならん
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 134
pose no real danger: 真の脅威というには程遠い
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 43
be a great potential source of danger: 〜は大きな危険をはらむ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 75
recognize danger: 危険を察知する
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 381
ツイート