Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
foul

主要訳語: ファウル(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
しみったれた
   
fulfil one’s foul womanhood: しみったれた女の一生を全うする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
ひどくもどかしい
   
put sb in a foul mood: ひどくもどかしい気分にさせる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 134
よこしまな
   
foul murder: よこしまな殺人 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 92

ファウル
   
paint the foul lines: ファウルラインを白く塗る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 335
manage a foul: やっとファウルが打てる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 331
foul territory: ファウル・グラウンド ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 246
a foul here and there: さまざまなファウル トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
ファウルの打球
   
I do not remember a foul: ファウルの打球も記憶にはない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289

汚い
   
call sb the foulest names one can muster: 習い覚えた思い切り汚い言葉で(人を)罵る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
失敗をやらかす
   
foul up so badly: 大失敗をやらかす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
不正
   
foul play: 不正行為 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the foulest drunk: 落ちるところまで落ちた飲んだくれ クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 45
foul up sb: (人を)だめにする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 132
foul up: ばかをやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 171
foul up: 故障する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 253
foul sth up: 〜をだめにする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 105
call the foul: 柳眉をさかだてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
a foul ball: 変わり者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
under a high pop foul: どんなに高いファウルフライが上がっても プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 68
it’s very easy to foul a ball straight down: ファウルボールってのは、真下に行きやすい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 278
in a foul mood: 内心釈然としない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 35
I am a dangerous man to fall foul of: 私を敵にまわすとただではすまないぞ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 221
foul one’s britches over: しょんべんをチビりやがる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
can foul and jam the pistol: 銃の作動不良を招く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 157
call sb every foul name one can think of: (人に)思いつくかぎりの悪態をぶつける コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 13
behind the foul screens: ネット裏に プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
be dark and filthy, and with a horrible smell of foul sleep in it: 暗くて不潔な上に、忌まわしい死の眠りのにおいが、いきなり強くプンとくる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 130
a foul ball arched back over the stands: バックネットに打ち上げられたファウルボールがスタンドを越え プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
a foul ball shot back: ファウルボールがうしろに飛ぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
foul-mannered:無作法だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
very foul-mouthed when one is angry: 怒るとひどい言葉をはく ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 131
the foul-patter urge: とめどなく淫らな言葉を口走りたいという欲求 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 300
a foul-up in paperwork: 事務処理の手違い オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 70
a minor jurisdictional foul-up: ちょっとした縄張り争い エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 14
ツイート