× Q 翻訳訳語辞典
chin   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あご
   
with one’s chin nuzzled into one’s muffler: あごをマフラーにうずめ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
since one didn’t even have hair on one’s chin: あごにひげ一本生えんうちから トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
one’s chin rest on ...: あごを〜につけている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
in the fold beneath one’s chin: あごの下に トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
cup one’s chin in one’s hands: 手であごを支える クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 169

   
with a porkish build and a quintuple chin: 顎の下が五重ぐらいにくくれた白豚のような 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
wipe the sweat from one’s chin with the back of one’s hand: 顎のところにしたたる汗を手の甲でぬぐう 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 8
shoot out one’s chin at sb: (人の)方に顎をつきだす アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 392
raise one’s chin: 顎をしゃくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 270
pat one’s chin with one’s fingers: 顎を指でとんとんと叩く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 69
pat one’s chin: 顎をとんとんと叩く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
nick oneself on the chin with one’s razor: 顎に剃刀の傷がついている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
lift sb’s chin tenderly: (人の)顎を持ち上げる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 130
let the receiver slide down to one’s chin: 受話器を顎の下にはさみこむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 291
have three or four fat chins: 顎は三重四重顎だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
have one’s chin erect: 顎をぐっと上げている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
chuck the baby under one of its chins: 赤ん坊の幾重にもなったうちのひとつの顎の下を軽くくすぐる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
顎の先
   
tip sb’s chin: 顎の先を上向かせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 343
   
put one’s chin down: 顔を伏せる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 200
   
pull the covers up to one’s chin: 布団を首のところまで引っぱりあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 227
   
with sb’s chin propped on sb’s hands: 頬づえをついて ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 161

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

duck one’s chin in a brief: うなずく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
sb’s chin sink towards sb’s chest: (人が)うなだれる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 61
have a certain set to one’s chin: こうと決める
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 107
chin oneself up to ...: 懸垂の恰好でなんとか顎を〜にとどかせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
He shot out his chin at them aggressively: 高飛車に二人の方に顎をつきだした
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 392
pass a hand across one’s bearded chin: ひげの伸びた顎を一こすりする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
chuck sb under the chin: あごの下をつまむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 434
Fiona had her chin erect; defiant: フィオナは顎をぐっと上げていた。挑戦の構えだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
fighter’s chin: ボクサーのあごを思わすあご
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
hold a metallic sun reflector under one’s chin: 顎の下にアルミの反射板をはさむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 206
incessantly rub one’s chin with one’s right hand: あごを右手でしきりにさする
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 7
keep one’s chin level: 顎をぐっと引く
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 44
His chin lifted, he opened his mouth to protest a monstrous insult: あごをあげ、途方もない侮辱に抗議しようと口をあけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
scratch one’s chin in some perplexity: ちょっと思いあぐねたようすで顎をこする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 227
hair pricks sb’s chin: 髪が(人の)あごをくすぐる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 165
a slight double chin: こころもち二重顎
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 144
a slight thickening abound the chin: あごのあたりがすこしたっぷりとしてきた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
one’s chin is tilted down: 顎を引く
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 28
upraised chin: ツンと上げたあご
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 29
ツイート