× Q  ?  翻訳訳語辞典
knows
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

all one knows is that ...: ただ〜という意識しかない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 165
almost as if sb knows: 何となく感づいている風だ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 48
one knows as he tries, that ...: 〜思う先から、〜と悟る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 489
as adj. as one knows how: 極力〜にする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 158
the average layperson knows that ...: 〜は素人でも知っている デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 250
before one knows it, ...: しらない間に〜 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 13
behave as one does because one knows sb’s mood: わざと(人を)そんな風に取り扱う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 171
I mean I'm bigger than he is, God knows: なに、わたしのほうが体格はいいだろう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
use all the big words one knows: えらいきれいごとを並べたてる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 70
do not care who knows it: それをだれに恥じることもない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
from the look on sb’s face, one knows the thought of ... is causing consternation: 〜の表情の中にも〜する場面が浮かんでくる当惑がういている 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 96
dear knows ...: 〜なことにならないともかぎらない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 172
unexpected death of a person one knows: 知人の思いもよらぬ死 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
our Lord does what He knows to be right!: 主は、正義の鉄槌をくだされますぞ! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
knows what one is doing: この間の機微を心得ている 谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 291
sb knows that ..., sb’s vista is now dotted with sth: (物事をみて)〜であると、(人には)ピンとくる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 196
God knows what else: ほかにもどれだけあることやら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 522
beg sb in every way one knows: 言葉を尽くして頼む ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 171
everyone knows ...: 〜が常識になっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
everyone knows ...: 〜を知らないやつなんていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
be total strangers to the kind of the world sb knows or has experienced: 〜に深いつきあいをした経験がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
so far as sb knows: 〜の知っている範囲で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 20
manage to find someone who supposedly knows ...: 〜について知っていそうな人間をどこかから見つけ出してくる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 305
sth one knows with fondness: (人の)好きな(物) 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 122
those fools up to God knows what: あのような手合は何をしでかすかわかったものではない カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 63
give a full account of everything one knows: すべてを包み隠さず申し述べる 安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 19
sb who knows the game: その道の者 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 116
glimpse a face one knows one has seen somewhere before: どこかで出会ったような顔がある 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 77
sth from God knows where: どこにあったかわかんない(物) タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 213
sth and God knows what: (物)だのなんだの ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 90
God only knows that ...: 〜か、わかったもんじゃない トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 157
God only knows ...: 〜のか知る由もない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 180
God knows sb is no oil painting: (人は)お世辞にもいい男とはいえない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 23
God knows what wild stunt one may pull: どんな無茶をしでかしてもおかしくない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
God knows that ...: 〜だろう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
God knows that ...: じっさい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 510
God knows ...: 〜は周知の事実である デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 165
God knows ...: どうしようもなく〜 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 312
God knows: とにかく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
God knows: なにをかくそう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 254
God knows: 神様がご承知 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 22
God knows: 知るもんか マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 444
God alone knows how sorry: なんとも言いようがないほどお気の毒に思っている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
a needle infects sb with God knows what: (人は)わけのわかんないウイルスに感染しちゃった タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 213
source is off God-knows-where: ニュース・ソースがどうもわからない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 50
sort of half knows sth: 〜を半分知っているような、いないような ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 245
nobody knows what is going to happen: 人間はいつどんなことがあるかわかったもんじゃない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 348
no one knows what’s going to happen: 先のことはわからない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 378
heaven only knows ...: 〜かも測りしれたものではない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 82
heaven knows why ...: どうして〜なの ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 211
heaven knows ...: 〜のやら ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 227
heaven knows ...: どうせ〜だろう 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 74
one who knows one’s job: こころのきいた男 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 121
before he knows it: いつのまにか ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 41
a woman almost instinctively knows her partner is wooing her: 女性はほとんど本能的に相手が自分に気があるとさとる フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 28
be no one sb knows: (人)としては会ったこともない相手だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 377
a woman always knows: 女性は常に感得するものだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 231
Nettie may be vague about some things, but she knows her carnival glass: ネッティはね、ほかのことにはぼんやりしてるかもしれないけど、カーニヴァル・グラスには眼がきくのよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
one knows that ...: 〜と思う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 42
nobody knows nothin: だれも何も知らない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
none of them knows what his men would do: 彼らの部下たちがいつ何をやり出してくるか、誰一人予測できる者はいない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 79
who the hell knows: わかったもんじゃない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 192
who knows: こればっかりは何とも言えない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 263
who knows: さあねえ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 107
who knows: そんなことはない、と誰に断言できようか フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 40
who knows: 神のみぞ知る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
Who knows: 考えたってはじまらん ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 241
who knows ... ?: いったい誰に断言できようか メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 62
who knows: わかるもんか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
who knows: 可能性はあるってことだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 295
people who knows him or serves under him: 知友後輩 阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 19
one who knows absolutely nothing: あやめもわかぬ(人) 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 143
one never knows ...: 〜してくださらないともかぎりませんしね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
one never knows: やってみなければわからない デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 41
nobody knows who won: 勝ちも負けもなくなってしまう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 127
nobody knows which side you are on: 敵も味方もなくなってしまう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 127
nobody knows ...: 〜か見当がつけられない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 342
no wonder that sb knows to say ...: 〜なんて言うのは朝飯前 コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 160
neither sb nor sb ever let on to the other that either knows about ...: (人も)(人も)〜のことを腹の中におさめて、おたがい、おくびにも出さない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 313
Lord knows ...: 〜か、想像もつかない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 374
ツイート