× Q  ?  翻訳訳語辞典
one

主要訳語: どちらか(4)   ひとり(4)   人間(3)   ひとつ(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
あて
   
there is no one to do: 〜するあてがない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 203
ある
   
one glorious night: ある夢のような晩 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 96
いずれかの
   
at one of the table: いずれかのテーブルに メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 149
いったい
   
ordinance of the Republic One and Indivisible of Liberty, Equality, Fraternity or Death: 自由、平等、友愛、しからずんば死という、一体不可分の共和国の法令 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 190
えらく
   
be one mean SOB: えらく陰険なやろうだ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
ことば
   
get the one that has struck home: 急所をゆいたことばに思いあたる キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 133
この種の病人
   
sb’s handwriting shows none of the hesitancy which one might expect: この種の病人に見るふるえが少しも筆の運を乱していない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
これっきり
   
that’s one wish that came true: 願いごとがかなったなんてあとにも先にもこれっきりだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 56
さる
   
one of Cavaillon’s busiest cafes: カヴァイヨンでも指折りのさるカフェ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 168
たぐい
   
one of those creatures that ...: 〜のたぐいの女 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
たった一つの
   
taking from sb sb’s one privacy, the night: (人から)たった一つの秘密の慰めである夜をうばってしまう ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 105
たった一度の
   
judge sb by one letter: たった一度の手紙できめつける レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 10
たとえひとつでも
   
give one honest answer: たとえひとつでも正直な答えがいえる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
だれやら
   
from this place far away one comes walking towards sb: はるかかなたから、だれやら、こちらへ向かって歩いてくる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 37
ところ
   
a tough one: むずかしいところ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
どちらか
   
one of us: 我々のどちらか カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 47
one of us: 私たちのどちらかが カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 352
one of the boys: 息子たちのどちらか ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 191
calling forth one of two basic emotions: 基本的なふたつの感情のどちらかを誘発する フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 14
どっちか
   
one of us: どっちか 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 221
どれか
   
one of ...: 〜のどれか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 296
なかにひとり
   
one ... in particular: なかにひとり、変わった〜がいてさ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
なんぴと
   
The chief among these is that one must not arrive first: ルールの第一条は、なんぴとも最初の客になってはならないという項目である スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
ひとつ
   
examine sth one at a time: 〜をひとつずつ検討する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 75
be apparently one of those ...: どうやらこれもそのひとつらしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
... and ... become a part of each other so that they are one: 〜と〜とがぴたりと一つになる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
ひとつには
   
this is one reason why ...: 〜には、ひとつにはそれがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 306
ひとつの
   
did do one thing: 少なくともひとつの結果を生んだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
ひとり
   
sb be the only one left from those days: 当時の生き残りは(人)ひとり タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
one of them: なかにひとりぐらい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 382
have gone off one by one to college: ひとりまたひとりと大学へ巣立っていった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
be the one with something to lose: 損をするのは(人)ひとりだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 243
ほう
   
be one of ...: (人は)〜のほうだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 263
みな
   
no one wishes to contemplate: みなが早く忘れたがっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 354
もう一度
   
turn for one last look: 去り際にもう一度ふりかえってみる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 50
もの
   
even the healthy ones do: どんなに達者なものでも〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
やつ
   
formidable one: したたかなやつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 511

   
one day: 或時 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
   
play one on one: 一対一の勝負 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
only one step away from giving utterance to those other words: ...: そう言うことは、もう一歩のところで危うくも〜と言ってしまうのと同じこと 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
一か所の
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 85
一回
   
one for both of them: 一回でふたり分 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 155
一件
   
one thing at a time: 用事は一度に一件ずつ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 232
一人
   
the only one left: 最後の一人 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 486
一人きりの
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 148
一張羅の
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 233
一度
   
one seizure means sb is ready for another.: 一度発作が起こったとすれば、もう一度起こったとしても不思議はない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
一本
   
it is one of sb’s better movies: (人の)映画のなかでも、よくできてる一本 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
every one of them: 一本残らず デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
一本の
   
after only one movie: たった一本の映画に出ただけで タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 219
一枚
   
remove one of one’s business cards: 名刺を一枚抜きとる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
一面
   
one of the walls: 壁の一面 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
   
there seems to be no one near us: その近所に私ら二人より外にない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
指折りの
   
one of the foremost pitchers: 指折りの好投手 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 122
持ち主
   
a straightforward one: まっすぐな心の持ち主 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 532
手合い
   
the ones with medium-expensive cars: 中程度の乗用車に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 168
女性
   
But Fiona was not one to adhere to complicated views of human intention: だが、フィオナは人間の意図の複雑さをじっくり考えるような女性ではない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
人間
   
the ordinary can give one the greatest happiness: 平凡であることが人間にとって一番、幸福なのだ 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 21
no one up here has to hear any more: うちの人間の耳に入れてはいかん トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 197
a rare one: 貴重な人間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
   
ones in the trap: 袋の鼠 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 509
相手
   
sth tell people that sb is not one to be trifled with: 〜は、気安くは冷やかしにくい相手であることを教える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 370
be no one sb knows: (人)としては会ったこともない相手だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 377
息がかかってた男
   
one of yours: おまえの息がかかってた男 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 454
他人
   
One could seldom be certain how Dixon truly felt: ディクソンが実際はどう感じているのか、他人にはめったにわからない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 40
誰か
   
one of the Mets people: メッツの誰か プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 24
   
be a proud and ambitious one: プライドの高い野心的な男だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 38
張本人
   
the first one to do: まっ先に〜する張本人 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 27
be the one to do: 〜した張本人である メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 275
   
the ones who need to be told: 人に指図されねばならん奴 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 348
the ones who figure it out all by themselves: 自分の頭で考える奴 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 348
筆頭
   
one thing that sb doesn’t wish for is ...: (人の)欲しくないものの筆頭は〜だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 22
   
a cheap one made in Japan: 和製の下等な品 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 95
   
one knee: 片ひざ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
go down on one knee: 片ひざつく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 47
片方
   
one of the players: 対局者の片方 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
片方の
   
be loosely slung over one shoulder: 片方の肩に無造作にひっかけている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
本人
   
I’m one that has spoken to a King: これが王さまにじきじきに口をきいた本人だ、このわしが ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 115
唯一
   
one consolation: 唯一気慰め ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 191
one and only: 唯一無二の トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
唯一最大の
   
his one ambition in life: 彼の人生唯一最大の望み ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 20

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the only one: 最初で最後の スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
the great ones: 有名人 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
that one day: あの日に限って サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 155
scrutinize one another: さぐるようにみつめあう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 127
punch sb one: (人を)なぐる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 32
ones: 連中 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 180
one time: 〜したこともある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
one thing: ひとつだけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
one side: 片端 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 185
one or two: だれか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
one or the other: どっちか 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
one of which was ...: とくに 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 10
one of us: 同志 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 148
one of those ...: 〜の一種 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 238
one of those: そうくると思った デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 270
one of those: 特有の デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 356
one of these days: いまに サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
one of them: あとの一人 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
one of them: 誰か ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 198
one of the brothers: 弟たち ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
one of mine: 俺の身内 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
one of ...: 〜だ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 145
one of ...: 〜の一員 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
one of ...: 〜の一種 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 203
one of ...: どこぞの〜 池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 77
one night: いつの晩だったか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
one night: 夜中 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
one more sth: またひとつ〜 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
one more calamity: また何か悪いこと トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 36
one more ...: 〜のくりかえし トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
one moment’s peace: つかのまの平安 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 148
one lousy sth: 何でもないただの(物) 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 212
one lousy audition: 試聴ひとつ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
one last time: 最後の別れにもう一度だけ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 55
one handsome fellow: とにかくたいした男前 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 107
one day: あるとき 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 24
one day: 後日 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
one by one: あとからあとから 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 136
one by one: どの子も順々に トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
one by one: ひとつまたひとつ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 463
one by one: めいめい ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
one by one: 次々と 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 135
one by one: 次々に 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 229
one at a time: 片方ずつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
one another: ふたりいっしょに トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 140
one and all: ひとり残らず スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 60
one and all: わたしたちはみな トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 141
one and all: 一人のこらず ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 277
one after another: それからそれへと 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 32
one after another: とっかえひっかえ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 179
one after another: ばたばた 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 81
one after another: ひとつまたひとつと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
one after another: 次々と 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 18
one’s one thing: (人の)いちばんだいじなもの ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
one’s new one: (人の)新作 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 231
on that one: その点で フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 142
on one or two occasions: ときには トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 228
on one occasion: 〜したことさえあった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
on one level: 見方によって ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 45
on more than one occasions: 何度 フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 14
not one single person: 誰も 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
no one is here: 無人だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
no one here: だれもおらん タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 104
no one do: 人っ子ひとり〜しない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 364
leave one by one: 順に去る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
in one day: 翌日には O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 197
in one corner: 片隅の方で 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 37
in one breath: 一息でつづけざまに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
from no one: どこからも〜しない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 131
from minute one: いの一番に デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 118
for one thing: たとえば タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 211
for one thing: 一つには サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 280
for one: たとえば プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 399
for one: 一例が プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 226
each one: みな ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 237
become perfectly one: 初めて緊密に結ばれる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 59
be one person: ひとり暮らしだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
be one of the fortunate ones: 倖せ者だ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 133
be not one’s: 人様のものだ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 132
at one point: 途中で カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 153
a no one: なんでもない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 8
a hot one: 大事件 エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 15
you won’t pull that one on me: その手には乗らない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 432
you are one fantastic lover: あなた最高だわ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
you’re the one that’s crazy: とんちきなのは、あなたのほうじゃない! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
yell different things to one another: たがいにまったく噛み合わないことをわめきあう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
without one day of serious illness: 病気らしい病気とて知らなかった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 111
with one thing and another: なんだかんだで 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 253
with one of his cigarettes screwed into his mouth: 例によって煙草を口に銜えて メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 239
with no one else: たったひとりでは 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 18
why not one more crusade?: いまひとたびの十字軍といくか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 460
whisper to one another that ...: 口々に〜と言う 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 16
when no one is around: 辺りに人かげの見えぬとき 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 37
what with one thing and another: それやこれやで 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
watch ... out of one eye: 目の隅から〜を観察する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107
walk a circle one way and then the other: ぐるっとまわったかと思うと、またすぐ逆方向にまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
vanish one by one from the plate: 皿の上の(物が)減っていく 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
to one and all: だれにとっても トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 88
this is one person who don’t take long to do ...: この女は〜するすべを心得ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
this is one customer who cannot abide doing: この客に限って〜させるわけにはいかない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 16
think to oneself Yes, sb’s the one: これぞという(人) 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 21
there is not one sound: 微かな音もしていない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 64
there is no one around: 人影がない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 108
there is no one ...: 〜に人影はない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
there’s only one thing to do!: よし、しょうがない ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 132
there’s one thing about ... you should know: 言っておくけれど 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 227
there’s been one problem after another: 次から次へと問題が起こる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 13
the one who had started the conversation: 口火を切った張本人 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 117
the one date we ever had: 我々二人の最初にして最後のデート カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
the idea seems a reasonable one: (人が)そう考えたとしてもべつだんおかしくはない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
the first one to do ...: 〜する第一人者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
that was needless warning number one: これほどムダな注意もない ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 440
that’s a new one: そいつは初耳だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
take one last look at ...: 去り際に〜を名残り惜しげに一瞥する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 94
take all the front steps in one bound: 玄関前の階段を一跳びであがる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
strike one against another: 互いに触れあう 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 56
stare at one another: じっとみつめあう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 48
somebody who is one of the more hostile forces in sb’s childhood: 少年時代の(人に)とってかなり敵対的な人間 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 298
so that no one else would see: 他人の眼が触れないように 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 168
smoke one cigarette after another: 一本また一本とたて続けに煙草を吸う オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 57
smile at one another: 顔を見合わせて微笑する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 166
slump in one of the chairs: 椅子の中にだらんと沈みこむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 141
see that they understand one another: これは話が通じたな、と思う ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 31
see no one but a kid: 眼に入るのはガキの姿だけだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
sb is not the one who should apologize: ごめんなさい、じゃないよ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
sb is not the one who should apologize: どうして謝るんだ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
sb have not been the only one: (人)以外にも何人もいたはずだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
run one of one’s silly scams: ろくでもないインチキ商売をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 136
run first one way, then the other: 右往左往する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
roll over one another: 上になり下になりして転げまわる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 165
one would think that there is no one in the room: 部屋が人気のないようだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 230
one way, or the other: どっちにどうころんでも タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 248
one way or the other: どっちだって サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 199
one way or another: どう転んでも結局 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 192
one way or another: なんらかの形で サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 293
one way or another: 大なり小なり ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 34
one thing that do seem certain is that ...: 少なくとも〜は確実だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 455
one thing led to another: 話はつぎからつぎへとはずむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
one thing leads to another: これがきっかけで話が進む フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 8
one thing leads to another: 自然の成行きというやつだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 210
one thing for sure: それだけはたしかだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
one sth or another: いろいろな(物) トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 39
one sth is a luxury: (物が)一個でもついていれば上等の部類だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 136
one sth after another: あとからあとから・・・ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
one sth after another: つづけざまに〜する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 290
one seaman to another: 船乗りのよしみってもんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
one report after another concluded that ...: 〜と結論する報告書が次から次へと発表された ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
one pilot to another: これはパイロットのよしみでいうんだが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 415
one piece of bad luck follows another: 不運があとあとまでたたる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
one of those days when ...: よくあることだけれど、〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
one of these days: そのうちに カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 293
one of them say ‘...’: どちらからともなく「・・・」と相談がまとまる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 239
one of the very rare ones: 世にもまれな例だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
one of the times sb did: ある日〜したときのことだが、 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 434
one of the three or four fastest pitchers: 五本の指に入るほどだ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 237
one of the strangest was ...: いちばん思いがけなかったのは トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
one of the Rockefellers: ロックフェラー一族の娘 ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 137
one of the richest if not the richest: 一、二を争う金持ち ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 222
one of the oldest and best-known luxury shops in ...: 〜でも名高い老舗 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
one of the league’s very best pitchers: リーグでも屈指の好投手 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 152
one of the freak things: よくあるひょんなできごとというやつ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 15
one of the examples: その一例として スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
one of the Browns’ prettiest daughters: ブラウン家の姉妹の中ではいちばんの器量よし ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
one of the better compliments a man can give a woman: 男が女に返す何よりの賛辞 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
one of the best ... I ever ...: こんなすばらしい〜はこれまでにもそう〜したことがない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 179
one of the best: ああいう人はなかなかいない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 199
one of sths that one have an affection for: (人が)好んだ(物) ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 189
one of sb’s colleagues at ...: (人の)〜の同僚である(人) カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 286
one of life’s losers: この世の敗者 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 451
one of America’s twenty million ...: アメリカに二千万人もいるこんな〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
one more failure to do ...: またしてもおなじ過ちのくりかえし トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
one hell of a guy: 希に見る立派な人 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 365
one has only oneself to rely on: 自分以外に頼れるものはない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
one false move, and ...: ちょっとでも妙な動きを見せたら〜だぞ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 54
one does not disturb sb in sb’s study without knocking: (人が)書斎にいるときは、なんぴとたりともノックせずに入ってはならない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
one dead man after the other: 死者をひとりまたひとり マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 409
one day one is in the pen for XX years and the next day one is free: XX年間ずっと鉄格子の中に監禁されてきて、ある日突然自由の身として世間に放り出される ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 453
one day in early November 19XX: 19XX年の十一月の初め ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 465
one day in early 19XX: 19XX年の初めに ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
one day for the first time since one met sb, one does: そのうち〜する機会に出合う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 30
one at a time: 一人ずつ順ぐりに サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 111
one assume that ...: 〜と推察できる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 300
one after the other: ひとつずつ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 38
on one of sb’s drinking bouts: 例によって飲み歩いていた時に カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 235
not one of them: そのなかにふくまれていない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
no one takes any notice of me: 相手にされない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 61
no one sb know: 知ってる顔がひとつもない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
no one is here: ここには人っ子ひとりいないのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
no one is around: あたりに人影はない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 267
no one is around: 人影はない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 100
no one have seen ...: 〜を見かけた人間はひとりとしていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
no one had ever done ... before sb came: 〜が来るまで〜したためしがない 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 16
no one can survive childhood without being wounded: 何も傷つかずに育ってくる人間はいない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 158
no one can see sb: 人目につく恐れはない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
no one can see: 人目につかない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 45
never be one for long courtships: 気長に口説くのは得意じゃない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 122
murder suspect number one: 第一容疑者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
move from one hiding place to another: 隠れ家を転々とする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 231
modified Formula One car: 特注のF1 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
meet sb at one of these shows: そんな会場で(人と)知り合う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 407
man, you’re the one with ...: 〜なの、そっちじゃないかあ! タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
make small suggestions to one another: 互いにちょっとした意見を出し合う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
make oneself one with sth: 〜と一体化する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 89
look upon one another with suspicion: お互いに疑惑の目を向け合っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 114
look from one to the other of them: 一同の顔を順に見やる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 485
look from one to the other in some bewilderment: おろおろして二人をかわるがわるみつめる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 142
look as if they are having trouble keeping their hands off one another: 一刻も離れていられないように手を取り合う フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 73
life was one depressing thing after another: なさけないこと夥しい 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 162
just one of those things: 間々あることでして クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 18
jump from one thing to another: 次から次へと仕事に追いまくられる ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 289
it will be one thing to do: 〜するのならともかく 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 56
it was one of the few times that ...: 〜ことなどめったになかったが、そのめったにないことがこのとき起きた ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 86
it makes one look so silly: まったくいい恥さらしだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 107
it is one of those times that one do: たまに(人が)〜することがある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 171
it is one of those things you say that you can’t retract: 一度口から出た言葉はもう二度ともとには戻らない。まさにその好例だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
it’s one thing if ...: 〜ならともかく 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 120
in one way or another: とにもかくにも ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
in one way or another: 何らかの形で フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 72
in one room or another: どこかの部屋で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 42
hit ... for a quick one: (場所)に寄って軽く一杯ひっかけてくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
hector sb on one thing or another: (人に)どうでもいいようなことで怒鳴りちらす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
he knew that he couldn’t be one of those men: その手の男になりさがるわけにはいかない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 77
have one of one’s headaches: 持病の頭痛に悩まされる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 237
have no one in this world but sb to depend upon: (人)より外にまるで頼りにするものがない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29
have never been one to stay idle: もともと、こまめなたちだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
have never been one for explaining: もともと口数の多いほうではない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
go to bed in one season and wake up in another: 一夜明けるとがらりと季節が変わっている メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 244
go one more yard with this and ...: こんなことをいますこしつづけたら ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 186
get from one place to another: あることをなしとげる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 40
following one of these episodes: いつものそんな騒ぎのあとで ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 181
flap heavily down from one of the trees: バタバタという重い音をたててどこかの木の枝からとびおりる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 26
finally become one of the boys: なんとかちゃんとした土地の子供になりきる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 158
fail in one social situation after the other: 到るところでうまくいかない 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 63
every now and then, one of sb’s crimes land sb in jail: ときおり犯罪が露見し、(人が)逮捕されて豚箱に放り込まれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 370
end up as one of ...: 〜として名を残す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 16
each one of sb in turn does: 誰か一人位ずつ代わる代わる〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
drop ..., one by one in one’s mouth: ぽいぽい口に放り込む イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 34
draw one of his elegant masterly charts: 彼一流の細密でみごとな地図を描く ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 215
drain sth in one long gulp: (飲み物を)一気に飲み干す デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 367
don’t try that one man: その手は食わないぜ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 64
do not stop talking for one second: いっときも話をやめない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 49
do not mix socially with one another: 近所づきあいはしない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
dink one ball after another: つづけざまにドロップショットを打つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
come up with one single message: これというメッセージを見つけだす ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 410
chat about one thing and another: あれこれとおしゃべりをはじめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 276
can tell that at one time ...: 〜だったことはひと目でわかる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 22
can see who one is to sb: (人)の目に映っている自分の姿がはっきりわかる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
can only mean one thing: その用事もおよそ知れている 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 69
call out to one another: 口々に何かいう 有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 20
become one with ...: 〜と合体する 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 267
become one with ...: 〜の一部になる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
be under one corner of ...: 〜の下敷きになって片隅からのぞいている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
be the one who is to do ...: 〜するのは〜の役目だ マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 45
be the one who does ...: 〜する張本人だ ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 188
be the one that have to do: それに比べて(人は)〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
be one way with sb: (人)との関係はいつも一方通行だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 113
be one or the other of these two options: そのどちらかだ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 173
be one of us: われわれの仲間入りをする アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 278
be one of the things that hit sb real hard: 〜と思って、(人が)本当に、立ち直れないくらいがっかりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 530
be one of the foremost arguments that ...: 〜するもっとも有力な理由のひとつだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
be one of my people: 私とは昵懇だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 81
be one in a million: 実に得難い人だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 292
be not one of those doing: 〜している人の中に(人の)姿は見当たらない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
be not one of ...: 〜の仲間じゃない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 284
be no longer one: 別れている サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 284
be in one of one’s frisky moods: たまたま躁の気分である デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 43
be hunted down one by one: 虱つぶしに追及される 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 13
be going to get every one of them: やつらをひとりとして容赦しない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
be cast aside by one and all: 四方の勢力から見放される 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 162
back to square one: 振り出しに戻る 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 162
assign sb to one of the rougher cottages: (人が)荒くれたコッテージに入れられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 230
agree with one person or another: 誰かに同調する 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
advance one by one: ひとりひとり進み出る スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 42
according to one story, ...: 語り伝えられるところによれば、〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 41
about one thing or another: 何かのことで トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
... one day ... the next: きょうは〜あしたは〜 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 276
... is one thing, ... is another: 〜と、〜とは、別個に考えなくてはだめだ ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 101
ツイート