× Q 翻訳訳語辞典
knocking  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

As the clock struck two, there came a knocking on the door: 時計が十二時の鐘を打ち終えた直後に、ドアにノックの音がした
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 146
opportunity knocking as if were: チャンスが飛び込んできたと言うべきかな
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 490
would bear considerable knocking on the head: 少々頭をなぐられるくらいは平気の平左の男だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
noise of the knocking of wooden buckets: 桶をおく音
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 7
one does not disturb sb in sb’s study without knocking: (人が)書斎にいるときは、なんぴとたりともノックせずに入ってはならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
feel one’s heart knocking: 心臓がドキドキする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 239
the knocking still continues, and grows louder: ノックは依然続き、ますます烈しくなる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 144
It took me a while to recognize it as knocking: それがノックであると認識できるまでにしばらく時間がかかった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 147
when one finish one’s speech by knocking sb under its feet: ちょうど悪口が終わった(人は)、いきなり馬の足もとに(人を)なぐりたおす
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 57
ツイート