× Q  ?  翻訳訳語辞典
writer
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ものを書く男
   
although sb is a writer: ものを書く男のくせに 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 52

書く
   
a smooth writer: ペンをもたせると流暢な文章を書く ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 101
筆をとる
   
be slow and inexperienced writer: 筆をとる術に慣れない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
物書き
   
<例文なし> アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 63
文士
   
become a writer of sorts: 文士のはしくれになる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 217

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the least prolific letter writer: 筆無精 サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 13
a great letter writer: 筆まめ サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 12
make one’s living as a writer: 文章を書いて暮らしている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 57
get sb over sb’s writer’s block: (人の)書けない障害をとりのぞく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
little ace composition writer: 若き作文の天才 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 284
a writer interested in every aspect of human experience: 人間のことなら何でも興味をもつ小説家 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 161
a truly astonishing case of writer’s block: 作家の心理的障害としてはじつに驚くべきケース プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
A writer with an authentic new voice--vibrant, powerful, compelling: 他の誰とも似ていない、新しい声を持つ作家--活き活きして、力強く、ぐいぐい引きずりこんでいく ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 148
be furious with the writer of the column, who one divine to be a certain journalist: 新聞記者がかいたものにちがいないとフンガイする 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 144
a faithful and generous writer: 筆惜しみをしない誠実な手紙の書き手 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 367
an old friend and writer: 旧知の作家 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 334
one’s writer’s instinct impels sb, as always, to do: 小説家のいつもの癖で素早く〜する 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 225
A writer did not take lightly a player's side against management: だから、もし選手と球団が対立することがあっても、軽々しく選手の肩を持つことはできなかった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 168
the various editors who give me the opportunity to grow as a writer: 機会を与えて育ててくれた編集者たち ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 547
writer’s-block problems: 書けない病 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 144
rattle off the name of ... on one’s type-writer: 〜の名前の一覧表を猛烈な勢いで打ち出す セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 14
a legular writer: まともな作家 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 7
'It's the kind of story that rouses a writer' he muttered mostly to himself: 「小説家を刺激する話だな」とひとりごとのように呟いたが、 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 104
an unaffected writer: 磊落な作家 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 245
an unhappy writer: 冴えない作家 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 3
頭の体操に「翻訳訳語辞典 Quiz」もどうぞ
ツイート