× Q  ?  翻訳訳語辞典
stinking
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
いかれた
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 113
いやな臭いの
   
stinking gruel: いやな臭いのおかゆのような液体 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
とてもみじめな
   
have a stinking childhood: とてもみじめな子供時代を送る カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 57
なまぐさい
   
a stinking warmth sighs out: なまぐさい空気をためいきのように吐きだす ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 30
むっと
   
it is stinking hot: むっと暑い 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 47

臭い
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 152
薄ぎたない
   
stinking kid: 薄ぎたないちんぴら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 237

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

stinking perfume: 安物の香水 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 42
bloody stinking savages: 人でなしの野蛮人 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 412
crouch bravely in a stinking cellar: 地下に、悪臭をものともせずうずくまる ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 19
get stinking drunk: へべれけに酔っ払う サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 224
have lost patience with this hypocritical stinking world: この偽善に満ちた、悪臭ふんぷんたる世界に我慢できない ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 186
Proper stinking with it: まさしくラムのにおいです マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 272
ツイート