× Q 翻訳訳語辞典
behavior   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ぶり
   
guilty of antisocial behavior: 傍若無人ぶり アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 70

挙措
   
<例文なし> 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 234
挙動
   
be anxious about one’s behaviour: (人の)挙動が気になる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 146
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 346
言動
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
行ない
   
stray too far from an acceptable range of behavior: 道を誤って容認できない行ないをする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 57
行為
   
the most malicious behavior: もっとも悪意に満ちた行為 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
行状
   
behavior of sb: (人の)行状 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 158
行動
   
the most eccentric behavior sb can recall: 妙な行動なんて、それ以上は思い出せない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
sb’s behavior never seems quite right to one: (他人の)行動ってやつは(人)には完全に理解できないんじゃないかな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
peculiar behavior on one’s part: (人の)奇妙な行動 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
codes of behavior toward the environment: 環境に対する行動規約 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10
仕打ち
   
wicked behavior: よこしまな仕打ち レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 168
one’s behavior is unforgivable: (人の)仕打ちが堪忍がならない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
振る舞う
   
cheerful, uninhibited behavior of its people: 明るく自由に振る舞うアメリカ人 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
素振り
   
Judging from his subsequent behavior there's little doubt that she was not: あの後の素振りからすれば、返事がノオだったことは疑う余地がない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 48
態度
   
sb’s behavior is the same as it has been on similar occasions: (人が)とった態度は、毎度おなじみのものだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 164
sb’s behavior improves dramatically: (人の)服役態度が劇的に好転する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 464
observe sb’s behavior towards one in a different light: (人の)態度を色々総合する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 176
態度物腰
   
one’s behavior is faultless: 態度物腰にも粗漏はない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 450
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 265
様子
   
go over and over one’s behavior: (人の)様子に何度となく注意を払う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb’s behavior: (人の)すること
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 8
be suppose to be on one’s good behavior: 謹慎中
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 434
this display of faultless behavior: そういう風に抜け目なく立ち回っていかれること
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
tell sb how sb need to improve sb’s behavior: (人が)今後どうしなくてはならないとうような注意を与える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 192
suffer certain qualms of conscience concerning one’s behavior: さすが気がとがめてもいる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 30
sb’s recent wrongful behavior: (人の)素行が悪くなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 181
one’s own befuddled behavior seems rather comical: 若干うろたえ気味であった自分のことがおかしくなる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
find sb’s behavior rather improper: あられもない姿に見える
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 224
complain about sb’s rude behavior: (人の)やり方はひどいじゃないかと文句を言う
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 198
be a hallmark of sb’s behavior: 〜は(人の)トレードマークになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 169
a basic mode of behavior among the Japanese: 日本人の基本的な行動様式
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 1
avoid rush behavior: 軽挙妄動は慎む
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 255
leap-before-you-look behavior: 臭いものにはふたという態度
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
this is definitely the case in sb’s behavior with Jesse: それはジェシーに対する態度に如実に現れている
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 19
so as a child one started to weigh one’s behavior: そんなわけで(人は)ほんの小さい時から、自分のふるまいをかえりみる癖がついた
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 1
childishly self-indulgent behavior: 子どもじみていて、得手勝手な態度
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 265
couples with her often erratic behavior: 妹の放埓な行動のせいもあって
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 11
dreadful behavior: ひどい態度
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
ordinary behavior is not expected of sb by most: 一風変わったふるまいに出ても、周囲はあまりおどろかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
so impolite behavior: 無礼きわまるふるまい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
I thought his behavior not so much irritating as odd: 私は面倒よりも不思議の感に打たれました
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 226
be judged as unsuitable behavior for a steward: 給仕長としてあるまじき態度であるとみなされる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 34
think it rather odd behavior for one, and resolve that the next time one is asked one would claim to be from another planet: 俺としたことが何たることだ、今度訊かれたら遊星人だとでも答えようと考える
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 68
be puzzled by sb’s curious behavior: (人の)態度を不審に思う
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 53
there’ll be a remedy to such behavior: 手が打たれるだろう
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 87
rush behavior: 軽挙妄動
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 255
true to his known behavior pattern: よく知られている行動パターンどおり
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 171
ツイート