× Q 翻訳訳語辞典
bore   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あきる
   
get bored: あきる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 178
ある
   
bore sb’s name: (人の)名前がある ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 49
いいかげんにする
   
sigh like one is bored: いいかげんにしてくれというようにため息をつく エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 240
うんざりする
   
I fear that I bore you with these details, but ...: ながったらしい説明でうんざりしたかもしれないが ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 29
うんざりするような
   
ghastly old bore: うんざりするような年寄り アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 73
くいいるようにのぞき込む
   
one’s eyes bore into sb’s: 両目がくいいるように〜の目をのぞき込む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 26
こらす
   
sb’s eye bores into ...: 〜に目をこらす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 217
たまったもんじゃない
   
be boring to ...: たまったもんじゃない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 23
つまんない
   
I’m bored: ああん、つまんないよう! タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 67
はた迷惑
   
you’re being a bore: はた迷惑だ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 101
まだるっこい
   
patently bore sb: だんぜんまだるっこい ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 410
めんどくさくなる
   
get bored as hell doing: 〜するのがめんどくさくなる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 309
わずらわしい
   
you are being a bore: いい加減わずらわしい ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 135

厭気がさす
   
be bored with inactivity: 沈滞した生活にも厭気がさしている マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 14
気分はうんざりだ
   
bored and footsore: 気分はうんざりだし足も痛かったが オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 273
穴のあくほどみつめる
   
eyes bore into sb: 目が(人を)穴のあくほどみつめる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 239
穴のあくほど見つめる
   
give sb a look that bore right through sb: 穴のあくほど(人を)視詰める 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 117
倦いた
   
as though bored with everything: 物に倦いた様子で 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 95
倦み果てる
   
what a bore: ほとほと倦み果ててしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
退屈
   
keep sb from getting bored: 退屈しのぎになる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 40
bore sb a lot: 退屈でしようがない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 223
退屈させる
   
don’t want to be a medical bore: 専門の話できみを退屈させたくない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 161
退屈している
   
be already bored with one’s summer vacation: 夏休みで退屈しきっている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 131
退屈する
   
I fear that I bore you with these details: 説明が長くなって、きみは退屈したかもしれないが ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 28
I fear that I bore you with these details: 長たらしい説明で、きみは退屈したかもしれないが ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 27
get bored: 退屈する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 228
退屈に悩まされる
   
be cruelly bored and frustrated: ひどい退屈と欲求不満に悩まされる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 91
陳腐なことを言う
   
be pretty boring oneself: 陳腐なことを言う サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 223
津波
   
the bore of soft snow that surges like a wave before sth: 波のように押し寄せてくる柔らかい雪の津波 ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 10
突き刺す
   
There was a distinct line of pain boring inward from his temple: こめかみに突き刺すような痛みがある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 174
閉口する
   
bore the bejesus out of me: 〜にはまったく閉口する カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 32
閉口だ
   
be rather bored by ...: (人にとって)〜はいささか閉口だ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 71
飽きる
   
get bored: 飽きる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 140
be bored with sb: おしゃべりに飽きる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
面倒臭がる
   
be bored stiff by ...: 〜さえ面倒臭がる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 143
厄介者
   
<例文なし> カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 62

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

bore down: 殺到する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
every case is a full-bore commitment: どんな事件でも全力投球する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
the day before had been a complete bore: きのうという一日は世にも退屈だった
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 25
throw full-bore right: びゅんびゅん投げ込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
infallibility would be a bore: 不過誤というは退屈なものだのう
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 198
give sb a look that bore right through sb: 穴のあくほど(人を)見詰める
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 117
bore down toward the meadow: 緑の芝生に吸い込まれていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26
Grinned and bore it, I suppose you'd say: つらくてもほほえみを絶やさず……なんて冷やかされるかもしれませんね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
ツイート