× Q 翻訳訳語辞典
enemy   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かたき
   
regard sb as anything but a sworn enemy: 目のかたきにする 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 25
たてつく
   
no enemy of authority: 権威にたてつかない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 40

気に入らない相手
   
try to kill one’s enemies with boredom: 気に入らない相手を退屈死にさせてやろうと考える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 276
仇敵
   
'Wish I had an enemy I must say,' Enderby remarked, turning a few pages: わたしも仇敵のひとりぐらいはほしいよ」エンダビーはいって、ぱらぱらページをくった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 364
相手
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 69
   
worst enemy: 宿敵 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 229
world where all men are each other’s enemies: 万人が万人にとって敵である世 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
treat sb as one’s worst enemies: まるで宿敵に向かうみたいに(人を)扱う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 190
the cardinal rule governing engagements with the enemy: 敵と戦う際の金科玉条がある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
regard sb as one’s enemy: (人を)敵視する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 162
one don’t got friends, one got enemies: 友だちがいなくなって、敵ばかりになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
imagined enemy: 仮想敵 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226
if they are sworn enemies: 親の敵とばかりに ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 37
identify the enemy: 敵を見きわめる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 448
friend or enemy: 敵とも味方だとも 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 161
every man is your enemy: 他人がすべて敵である トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 286
even enemies: 敵同士でも クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 409
enemy territory: 敵陣営 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 203
enemy bomber: 敵機 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 121
be an enemy but: 敵ながら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 532
an enemy landing: 敵の上陸作戦 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 312
a devastating weapon of one’s enemies: 敵の思うつぼ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 109
a bad enemy for a man to have: 敵にまわすと恐ろしい相手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
敵対者
   
an enemy of U.S. interests: アメリカの国益の敵対者 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 78
敵方
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 87
背教者
   
enemy of ...: 〜の背教者 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 139
目のかたき
   
basically treat sb as the enemy: (人を)目のかたきにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 414

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sworn enemy: 仇敵
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 25
one’s sworn enemy: (人の)宿敵
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
natural enemy: 運命の仇敵
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 166
bosom enemy: 仇敵
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 157
the sudden access of misguided enemy chivalry: なにかの間違いで敵に騎士道精神がにわかにわく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 215
an enemy: 仇敵のひとりぐらい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 364
arch-enemy:仇敵
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 165
storm ashore on a beachhead in the teeth of the enemy: 敵前上陸をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 280
enemy attacks: 敵襲
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 97
the very camp of the enemy: まさしく敵の陣営
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 576
carry the war instantly into the enemy’s camp: すぐさま矛先を敵方に向ける
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 182
one’s chief enemy: (人の)いちばんの敵
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 324
conspire with the enemy: 敵とぐるだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 96
an honest-to-God enemy: 正真正銘の敵
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 35
If there really was some enemy then everything hadn’t been simply involved happenstance.: もし、すべてが単にこんがらかった偶然などではなく、本当に敵が存在しているのだとしたら・・
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 84
hatred of the enemy: 敵愾心
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 330
identify the enemy: 敵艦種を見きわめる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 208
quit fighting the impalpable enemy: 捉えどころのない敵との闘いに見切りをつける
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・グッド・トリップ』(Wind's Twelve Quarters ) p. 185
instinct about the position or movements of an enemy: 敵の位置や動きを読む勘
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 176
locate enemy ships: 敵艦船を発見する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 77
have made an enemy of every man in the department: 市警の連中をみんな敵にまわすことになる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 48
out-think, out-guess and out-manoeuvre by the enemy: 思考においても、判断においても、機略においても、敵の後手にまわる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 235
without being vulnerable to possible enemy: 予想しうる敵にこの身をさらさずに
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 116
second enemy: 新手の敵
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 323
set off into enemy territory: 敵地に乗り込む
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 114
slip between the enemy: 敵の目をかいくぐる
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 164
be violated by enemy aircraft: 敵機に蹂躪される
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 417
ツイート