× Q 翻訳類語辞典

て  

as の訳語→ 〜ところで うちに ころになって ざま し、〜する しかたに似ている したちょうどそのとき したところ した瞬間 して している前で するあいだ するうち するうちに するたびに するなかを するなり するにつれ するほど する間に する直前 だが という理由で ところだった とともに と同時に ながら ながらの にさも似たりだ に似た に劣らず のころ のなか のように の頃 を勤めながら 然として 通り 流に 流に〜すれば せいで えてして おいて おなじだ おなじように かけ かぶって からね こう こと ころ さえ さながら ざまに しな そのあいだに そのあと その拍子に そばから そんなところへ たびに だと言う つれて でもあるかのように といった名で ときに として としての立場から言えば とたん とまあ、見てのとおり と言って どおり どおりだったから なんて にも のに はずみに ひけをとらぬ ひどく まさしく〜ごとく まさに また まま ように らしい 何分にも 具合に 従えば 瞬間 折しも 前で 態度で 代わりとして 直後に 途中 同じ 如く 拍子に 標榜する 負けず劣らず 並み 並みの 変わらない 例にもれず

because の訳語→ 〜して だから であることがわかると とばかり なばっかりに のせい のは〜が原因だ おかげで から からだ せい せいか そうすれば その証拠に そもそも〜だから それが〜だからである それが証拠に ために だって だって〜じゃありませんか つまり というのは〜からである なぜって なぜといって なにしろ なにしろ〜ので なのだ なんてったって のだ ひっきょう 以上 因果 結果 原因 理由

before の訳語→ ・・・から〜する から、また し、やがて〜 したあとで したところで したのは した末に、はじめて して〜する してから〜する しないうちに しないように しなければ、〜ない するまで するまでには する暇もなく ということになって、やっと に先立って ぬうちに まで〜しない までに よりも早くに を待たず ところで うち かつて けっきょく最後には この前 これまでに さっきまでは してはじめて すると そこへ その前に それからやっと それまでのあいだ とうに ないまま なかで にあたって には ぬ先から はじめて ひまもなく ふくまれていない まだ〜しかねているうちに まだ〜しないうちに まだ〜でなかった時代 まで までは もうそろそろ やおら やっと ようやく よりはやく より早く 以前 以前にも 一足先に 一度も 暇もないうちに 過去に 眼前を 近い 後に 後まわしで 今まで 今度は 最後は 際に 真ん前に 先から 先に 先刻 前に 前にも 前もって 前回 漸く 早くに 置いて 直前 途中で 抜きで 面前で 目の前に 目の前の 目前に ...

hand の訳語→ あちこちつかまって歩く くれる ことづける さしだす さし出す じかに すすめる てのひら 握らせる 握力 押しつける 押してよこす 関与 拳骨 差し出す 作戦 仕打ち 使い手 指先 持って行く 執る 手つき 手にする 手に渡す 手のひら 手もと 手を引いて進む 手元 手指 処置 小手 譲る 申し渡す 親等 組む 替わる 仲間 当面 導き 突きだす 突き出す 配る 筆さばき 筆跡 文字 片手 両手 腕っ節

when の訳語→ 〜くせに したあかつきには したころ したときだった したとこで したとたん したのも した時代 した時点で してからも してみれば しながら するにいたって する際に する段になると すれば すれば必ず ということになると というところで というのに ときた場合 なのに なんかの場合 におよんで のには の時分 の状況において 時代 あいだ あい間に あかつき あかつきには あのときは あれば いちど〜すれば いっしょに いっぽう いつ いよいよ〜とき うちは かりに がてら さすがに するや そしたら そのとき それから そんなころ たとえ〜でも ちょうどそのころ と、そこへ とき ときは とたんに となると なので ふと 一度でもあるか? 何時 頃あいに 時期 時点 時分 場合 折り 矢先 刹那

while の訳語→ 〜しながら しながらも するあまり する横で する間にも て、実は とはいえ のあいだに 癖に あわせて これに反して しつつ しばらく すきに ずいぶん そのひまに その席で ちょっと でも ところへ ともかく とりあえず なかに にしても ひきかえ ひとしきり もっとも やがて 一方 引きかえて 間に 最中に 手間 瞬間を 少し 続けられる間に 他方 当座 当分


ツイート