× Q 翻訳類語辞典

よく見ると  

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに ちゃんと つい というより とにかく とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まったく まで まるで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実に 実のところ 実をいうと 実際に 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

only の訳語→ 〜ぐらいなもの しかない ですむことである にすぎない の域を脱していない をどうにもできない 以外立入禁止 あくまでも あとはただ〜 いかにも いつも決まって かえって〜する かぎる かりにも きり こそなれ さもなければ〜もせぬ しょせん じゃなきゃあ すくなくとも せめて そこそこしか たかが たたでさえ ただ〜である ただし ただの〜 ただもう たった だけ だけだ だけは ちょっと〜しただけ でしかない でならない でも とどめる なにぶんの には のみ はじめて はじめての はやい ばかり ひとえに ひとつしか ほかない ほかに〜はない ほんの まあ まぎれもなく まだ まだほんの まだやっと まったくの までだ むろん もっぱら もとより ものの やっと ようやく ろくに わずか 一心で 何でもない 何とか 何のことはない 限らず 弱冠 初めて 辛うじて 専用 他にはない 当然 畢竟 変りはない 本当に 無二の 目標を限り 唯一 唯一の ...

practically の訳語→ 〜といったほうがいい といっていいみたいだ といってもいいほどだ と言うべき みたいなもの も同然 いつこう およそ ころっと たいてい だいたい だいたいにおいて とても とまで なかば ほとんど ほとんど全部 ほぼ まず まともに 今にも 実質的な 随分 生々しく 全く 同然

そのほかの「よく」で始まる語句・表現

よく よく〜している よく〜できる よくある よくあることで よくあるタイプ よくおぼえている よくかみしめる よくしてくれる よくしゃべる人 よくする よくできた よくできる よくない よくないと思う よくない気配 よくなったところ よくなってくる よくなる よくはたらく よくは知らないが よくひびく よくもまあ よくやったという よくよく よくよくの よくよくのこと よくよくのことに違いない よくよく大した よくよく少ない よくよく思いつめている よくよく頭にたたきこむ よくわかった よくわからない よくわからないままに よくわかる よく世話をする人 よく似たような よく似合う よく使われている よく使われる よく働く よく出てくる よく出会うこと よく出入りする よく出来た よく出来る よく分る よく切れる よく効く よく動く よく反応する よく味わった よく噛みつく よく回る よく実る よく干渉した よく引き締まった体つき よく意味が通じない よく承知している よく撓う よく整理された よく晴れた よく曲がる よく検討する よく気がつき よく気がつく よく気のつく よく理解している よく目の見える よく目立つ よく知っている よく知っている分野 よく知られた よく祈る よく考えもせず よく考える人 よく見える よく見る よく言い表した よく訓練された よく説明する よく読む よく透る よく響く よく響く声で言う よく鳴く小鳥


ツイート