× Q 翻訳訳語辞典
violence   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
苛烈
   
a graphic violence: 苛烈をきわめる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 57
激しさ
   
with gentle violence: ほどよい激しさで クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
荒さ
   
violence of temper approaching to mania: 気ちがいじみた気性の荒さ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 208
荒っぽさ
   
the South’s insularity and violence: 南部の狭量さと荒っぽさ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 137
荒れ狂いよう
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 337
轟音
   
the violence of shell explosions: 砲弾が炸裂する轟音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 51
暴力
   
with a history of astonishing violence: すさまじいまでの暴力の歴史を背負った ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
utter knotted-up violence: ねじれた暴力 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
this obligation makes sb face the possibility of violence: そのせいで暴力沙汰に直面することがある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
the perceived upswing in dissatisfaction and violence among sbs: (人の)あいだに目に見えてはびこるようになった不満と暴力 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 198
involve violence: 暴力がらみだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 374
despite one’s violence one is ...: (人は)たしかに暴力的な人間だったけれど〜だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
astonishing acts of violence and sexual abuse: 目を覆うような暴力と性的虐待 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
approach the brink of violence: あわや暴力沙汰というところまでいく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 261
暴力沙汰
   
could lead to violence: 暴力沙汰に発展しかねない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 89
乱暴
   
offer an immediate and imperious show of violence to sb: (人に)たちどころに居丈高な乱暴を働く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 146

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

physical violence: 手荒なまね
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 164
with great violence and indignity: 無法乱暴にも
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 104
violence can be relied upon to erupt around sb: (人の)周りでは否応なしに血が流れてしまう
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 175
threat of violence make sb’s spine tingle: 殺気が(人の)背すじを寒くする
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 84
say the last word with such sudden violence that sb quite jump: このさいごの一言のにべもないいいかたといったら、(人は)思わずとびあがる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 81
a jerked knee smite sb with brutal violence: 跳ね上げた膝に強かに胃を蹴りつけられる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 160
there be no physical violence implicit in sb’s action: 手荒なまねをするような気配は見せない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 164
be aware of an element of violence: 暴力のにおいを嗅ぎとる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 284
border on violence: まさに暴力に近い
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 35
despite the violence of sb’s emotion: いくら熾烈な感情が燃えていても
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 243
Robbery--preferably robbery with violence--was his metier: 窃盗--それもどちらかといえば暴力による強奪--が、彼の得手であった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 86
satisfying violence: 胸のすくような暴力シーン
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 173
ツイート