× Q  ?  翻訳訳語辞典
cunning

主要訳語: 狡智(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ずるがしこさ
   
<例文なし> 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 202
だましの手口
   
this kind of adolescent cunning: 子供っぽいだましの手口 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 55
ぬけめのない
   
sb is so cunning that I never know when I am safe from sb: (人は)とてもぬけめのない人だから、いつもびくびくしている ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 225

悪知恵
   
the cunning: 悪知恵 ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 10
陰険な
   
cunning rogues: 陰険な悪漢ども オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 136
小才がきく
   
be a bit too cunning: 小才がききすぎる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 232
小細工
   
We'll borrow the wisdom--or should I say the cunning--of the ancients: こうして古人の故知、または小細工を真似ましょう 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 21
奸策
   
resort to a little piece of cunning: ちょっとした奸策を弄する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 183
狡知
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 515
狡智
   
try to insert a maximum of cunning into every line of the letter: 手紙の一行一行に狡智の限りを尽くしてみる 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 87
by using just a little cunning: ちょっとした狡智がはたらいて 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 70
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 114
狡猾な
   
become a cunning schemer in one’s eyes: 狡猾な策略家として(人の)眼に映じて来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 177

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

cunning schemes: 計略 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
be cunning: 〜のほうが一枚上手だ ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 146
as cunning and as resolute as sb: (人に)おとらず狡知をもつ果敢な ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 157
a person that cunning that cautious: あれだけ周到な女 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 249
accomplish by dexterity and cunning: 手ぎわよく巧妙にやってのける ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 187
a simple but cunning method: 単純にして巧妙な仕組み バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 44
a crude cunning: 荒削りながらかけひきをしたこと ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 212
He seemed timid, yet cunning and tenacious in his own way, too: 気が弱そうで、案外ネチネチした狡い人だと云う印象を与える 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 24
by turns naive and cunning: 世間知らずかと思えば狡猾な面があり デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 17
not yet well versed in cunning: まだ狡智長けやらぬ 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 114
ツイート