× Q 翻訳訳語辞典
discomfort   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いい気持ちはしない
   
much to everyone’s discomfort: だれもいい気持ちはしないが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
いらだち
   
to sb’s discomfort prefer to stay with sth: (人の)いらだちをよそに(物に)こだわる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 122
ぎこちない
   
pulse of discomfort: ぎこちない空気 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 88
つらい
   
look like a woman who is in quite a lot of discomfort: すごくつらそうな顔をしている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324

気まずさ
   
some old discomfort lingers between sb and sb: (人と)(人の)あいだには昔の気まずさのようなものが残っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 108
窮屈
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 156
居心地のわるさ
   
recall sb a feeling of discomfort: 居心地のわるさをおぼえる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 25
居心地の悪い
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 222
居心地の悪さ
   
sb’s discomfort eases: (人の)居心地の悪さは薄れる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 56
add to one’s discomfort: 居心地の悪さが倍加する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 287
苦悶
   
there are no obvious signs of discomfort among people: 人々にそんな苦悶の表情は認められない メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 76
苦労
   
be a cause of so much discomfort: たいへんな苦労の種だ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 66
好い心持ちでない
   
have already come to regard ... with some discomfort: ただでさえ〜を見るのが余り好い心持ちではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
困難
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 255
当惑の表情
   
young man’s growing discomfort: 当惑の表情を濃くする フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 27
不安
   
exhibit a discomfort most telling to a practiced eye: 熟練者には一目でそれとわかる不安を露呈する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 283
不快
   
atmosphere of charged discomfort: 不快をはらんだ雰囲気 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 239
不快な気持ちにさせる
   
the very boy whose sexual ambiguity so discomfort sb: 男とも女ともつかないなよなよとした感じが、いつも(人を)不快な気持ちにさせる、あの少年 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 163
不快感
   
inspire maximum discomfort: 最大の不快感を引き起こす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
不興を買う
   
to discomfort of sb: (人の)不興を買うのを承知で フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 14
不自由
   
be no great discomfort: 不自由はない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
不自由さ
   
physical discomfort: 肉体的な不自由さ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 44
不手際
   
apologize to sb for the discomforts of the night past: 昨夜の不手際を詫びる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 141
揺れる
   
avoid such discomforts as a train journey: むやみに汽車になんぞ乗って揺れない方が好い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
落ち着き
   
be in excruciating discomfort: 落ち着きをなくしている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 91

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the burning discomfort of gastritis: 胸焼け
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 102
sth discomfort sb: (人は)(物が)気になる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 94
one’s discomfort: (人の)感じているおちつかない気分
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
won’t have any pain or discomfort: 痛くも痒くもならない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 247
the thought that ... give sb acute discomfort: 〜だから(人が)ひやひやする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
grin at sb’s discomfort: (人が)四苦八苦しているのを見て(人は)にやにや笑う
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 174
being locked in at night is no great discomfort: 閉じこめられても不自由はない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
a sense of discomfort: 居心地の悪さ
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 79
despite one’s general discomfort: 気分の悪いのも忘れて
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 298
sport a look of discomfort: 不安の影がさす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
pulse of discomfort travels the room: 部屋にぎこちない空気が流れる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 88
ツイート