× Q 翻訳訳語辞典
dumb   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あっけにとられた
   
stare at ... with dumb disbelief: あっけにとられたような目で〜を見る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 287
およそばかげた
   
He'd seen missions go wrong for any number of dumb and unpredictable reasons: およそばかげた理由、不測の理由で失敗した任務を、これまでにもどれほど見てきたかしれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 254
くだらない
   
dumbest experiments: くそくだらない実験 オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 52
くだらん
   
some dumb make-believe: くだらんでっちあげのたぐい デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 286
これといった面白味のない
    辞遊人辞書
さほど頭の切れない
   
be supposed to be the dumb one: さほど頭の切れない男と目されている セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 264
つまらぬ
   
don’t do anything dumb: つまらぬまねはするなよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 366
ばか
   
unless one do something really dumb: (人が)よほどばかをしないかぎり クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 34
ばかな
   
Sister Beatitude shook her head like the dumb dairymaid she was: シスター・ビアティチュードはばかな乳しぼり女みたいに--じじつそうだけど--かぶりをふった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
ばかばかしい
   
the dumbest name for a horse: こんなばかばかしい馬の名前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
ばかみたいな
   
dumb things: ばかみたいなこと トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 138
まぬけさかげん
   
blow everything by being so dumb: このまぬけさかげんのおかげで、いっさいをおしゃかにする クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 422
まぬけな
   
do dumb things: まぬけなこと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
ろくでもない
   
make a dumb joke: ろくでもない冗談を言う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433

アホみたいな
   
really dumb stuff: 全くアホみたいなこと 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 39
トンマな
   
this very dumb remark: こんなトンマなこと サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 113

阿呆な
   
be dumb enough to do: 〜するような阿呆な人間だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 504
悪党
   
Dumb, as bad as anything else: とびきりの抜け作の悪党だ、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
暗い
   
be just too dumb to know it: その方面に暗いだけのことなのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
音痴
   
be so dumb with cars: メカ音痴だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 491
下らない
   
say dumb things: 下らないことを言う 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 217
間抜けな
   
That's really dumb baserunning, he thought: リズトーは「ずいぶん間抜けな走塁だ」と思いながら、 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 391
a very dumb answer: 実に間抜けな返事 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 142
詰まらない
   
make dumb jokes: 詰まらない冗談を言う 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 14
愚かさをむきだしにした
   
stare at sb in dumb agony: 愚かさをむきだしにした顔をゆがめ、(人を)にらみつける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
口もきけない
   
look quietly dumb struck: 唖然として口もきけないみたいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 141
疎い
   
dumb to the world: 世事に疎い 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 94
低能
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 63
馬鹿な
   
some dumb old game: 馬鹿なゲーム トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
薄のろ
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 468
表情のない
   
pupils are shiny black and dumb: 瞳は艶のある黒で、そこには表情というものがない オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 127
無言の
   
dumb insolence: 無言の傲岸 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
幼稚な
   
a bit dumb: いくらか幼稚な考え フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 80

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the dumb: 見る目のない人
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 76
play dumb: 黙っている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 176
dumb by breed: 頭の悪い人種
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 35
be struck dumb: 唖然とする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 332
be so dumb: バッカみたい
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 35
be so dumb: 間が抜けてる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 123
be not dumb: 頭がいい
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 258
act dumb: なに知らぬげにすっとぼける
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 314
a dumb bitch: 間抜け
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 216
sb’s words can only arouse in me a dumb incredulity: そう言われても私は、きょとんとしている
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 91
be much dumber than sb give us credit for: (人は)人類を分不相応に買いかぶっている
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 21
be passing through in dumb show before sb: (人の)眼前を黙劇のように通りすぎてゆく
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 187
some other dumb-ass kid: どっかのいかれたガキ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 231
dumb tonnages of insensible granite that bear their tiny lives in its stone intestine: 石の胎内に彼らの小さな命を孕んだ無感覚な花崗岩の大集積
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 182
mild the dumb role: 門外漢の役を続ける
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 75
stare in dumb silence: ただ黙って目を見はる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 42
be struck dumb by ...: 〜にあきれる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 80
do like the dumb dairymaid that she is: ばかな乳しぼり女みたいに、じじつそうだけど〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
ツイート