Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
Dixon
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

We must answer certain questions at the threshold, Dixon: ディクソン、まずいくつかの疑問点の答えをみつけることが先決だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 59
Apparently, Dixon had exercised more care than Margy had made out: どうやらディクソンは、マーギーが考えているより用心深くやってきたらしい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 263
In the meantime, Dixon across the desk, was beaming: いっぽう、デスクの前のディクソンは顔を輝かせている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 75
Dixon's tone was bitter as he spoke of his critics and competitors: 批判者や競争者のことを話すディクソンの口調は辛辣だった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 128
Dixon's bravery was admirable: まったく、この男の度胸には感服する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 260
Even Dixon walking toward the airport gate, was chagrined: さすがのディクソンも、搭乗ゲートのほうへ歩きながら無念がっていた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 159
back on shore, Dixon would describe Stern's ineptness to everyone they met: ディクソンは、岸に戻ると、会う人ごとに義兄のぶきっちょさを吹聴した トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 251
Even Dixon Stern thought, had a mildly sheepish look: さすがのディクソンも、とスターンは思った、やや気弱な表情になっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 265
For Dixon like the others on the exchanges, his word given was exalted: 取引所の他のメンバー同様、ディクソンにとっても口約束は崇高なものだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
A modern executive, Dixon was never out of touch: 近代的実業家のディクソンは連絡網を完備しているのだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
Dixon's release was more natural: fucking: ディクソンのストレス解消手段はもっと自然なもの、セックスだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 158
No trick was too low for Dixon: どんなあざとい手口でも平然と使うディクソンは、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
There may be a problem, Dixon: 面倒なことになる可能性はある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 42
Dixon meditatively watched a plume of smoke drift away: ディクソンはむっつりと煙の行方を眺めている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 56
You must reflect on this matter, Dixon: じっくり考えたほうがいいぞ、ディクソン トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 127
One could seldom be certain how Dixon truly felt: ディクソンが実際はどう感じているのか、他人にはめったにわからない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 40
Dixon pivoted: ディクソンがくるりと振り向いた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 258
Dixon was quiet: ディクソンはしばらく無言だった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
Yet Dixon remained: そのなかで、ディクソンだけは昔のままだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 286
'A young lady,' said Dixon finally: 女の子なんだ」ディクソンはついに白状した トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
Usually, the extent of Dixon's interest was less amusing: セックスへのディクソンの関心度は、ふだんはスターンにとって愉快なものではない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 159
ツイート