× Q  ?  翻訳訳語辞典
humiliation

主要訳語: 屈辱(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
恐縮
   
be condemned to spend sb’s whole life in humiliation apologies, and abasement: 恐縮し謝罪しはにかんで生きていなければならない 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 162
屈辱
   
the humiliation one feel: 胸中の屈辱 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 570
suffer terrible humiliation: 屈辱をいやというほど味わわされる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 298
resolved to exceed the bathos and humiliation: この運命の急変と屈辱に負けまいとする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
an angry wave of humiliation sweeps over one: はらわたの煮えるような屈辱を感じる 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 77
屈辱感
   
calculate to spare sb humiliation: (人に)屈辱感をあたえぬようにする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 504
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 167
屈辱感を与えること
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 448
屈辱的
   
humiliation is enormous: ずいぶん屈辱的なことだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
屈辱的なこと
   
the humiliation is enormous: ずいぶん屈辱的なことだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
惨めな思い
   
chance humiliation and do: 惨めな思いをするのを覚悟の上で〜する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 298
   
despite the humiliation which must ever after be one’s portion if one did: 永久の恥となるのもかまわず ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 387
恥ずかしい思い
   
spare sb the humiliation of exposing sb’s cowardice further: (人の)臆病をこれ以上さらけ出して恥ずかしい思いをさせない E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 37
恥ずかしくて
   
one’s humiliation would be unbearable if one did: もし〜したら恥ずかしくて居ても立ってもいられない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 374
恥を掻かせられる
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 254
恥辱
   
feel grief and anger, and deep and painful humiliation: 怒りと悲しみと、苦痛に満ちた深い恥辱を感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 478

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb’s agony of humiliation: 屈辱 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 163
one’s whole body is trembling with humiliation and hatred: 総身がわななくほどの悔しさを覚えだす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 200
It was absurd, of course, but the humiliation was unbearable: むろん、ばかばかしい言いがかりだが、この屈辱はあまりにも耐えがたい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 273
it sustains sb amid all sb’s agony of humiliation: 屈辱のさなかにあってもしゃんとしていられる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 163
do not need that sort of humiliation: そんな屈辱に甘んじるはずはない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 108
The humiliation Ryan felt was noteworthy: ライアンの胸中の屈辱は、はた目にもわかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 570
be simply the humiliation: 単なる屈辱 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 47
unbearable humiliation: 居たたまれぬほどの恥かしさと屈辱 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 91
ツイート