× Q  ?  翻訳訳語辞典
agony
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
しまった
   
be in agony: しまったと思う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 101

顔をゆがめる
   
stare at sb in dumb agony: 愚かさをむきだしにした顔をゆがめ、(人を)にらみつける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
苦しい
   
suffer great agony: 苦しい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
苦しみ
   
suffer excruciating agonies: 七転八倒の苦しみをする 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 194
only draw out the agony: 苦しみはつのるばかりだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
苦痛
   
unspeakable agony: いいしれぬ苦痛 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 183
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 16
苦悶
   
see years of agony ripple through one’s facial muscles: 積年の苦悶が(人の)顔を細かく、さざ波のようにひきつらせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
痛み
   
a great burst of agony: すさまじい痛み スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
悩ましく
   
somewhere beneath the sweet agony of self-denial: この悩ましく甘い自己放棄の裡に 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 87
煩悶
   
such mutue agony: その抑えきれぬ煩悶 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 133
悲嘆
   
wail in agony: 悲嘆にくれて泣き叫ぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

writhe in agony: もがく 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 115
writhe in agony: 今にも泣き出しそう ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 176
sb’s agony of humiliation: 屈辱 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 163
in agony before sb died: 断末魔に 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 101
writhing and tossing in agony: 七転八倒の苦しみ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 250
must be in agony: 苦しかろう マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 250
jump up and down in an agony of terror: ひやひやして気が気ではなくて、ひょこひょことびあがる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 82
in an agony of propriety: つつしみ深さもきわまって キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 190
hold one’s head in one’s hands in an agony of doubt: 頭をかかえて懊悩する 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 181
have been in an agony the whole way lest ...: 〜しないかとはらはらしどおしだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 83
fill sb with a feeling of angry agony: (人は)はらわたがちぎれそうな怒りに満たされる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
dance in an agony of frustration: ききいれられないくやしさに地団太を踏む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 218
be throwing oneself about the place in one’s agony: 狂いまわるような苦しみかただ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 136
awake in an agony of fear: 逃げ場のない恐怖に呻吟しつつ目をさます クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 10
an agony of suspense: おちつかない気分にさいなまれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
it sustains sb amid all sb’s agony of humiliation: 屈辱のさなかにあってもしゃんとしていられる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 163
in apparent agony: 苦悩をおもてににじませる アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 229
she returned him to his agony with a blithe shrug of her shoulders: 軽い調子で肩をすくめ、再び自分一人で悩ませることにした ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
the most exquisite agony: もっとも残酷な苦しみ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 28
When did sb suffer greater agony -- AA or BB?: 苦しい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
ignoring sb’s shout of agony: 苦痛の悲鳴にもかまわず ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 642
jump up and down in an agony of terror: 恐ろしさに飛び上がったり身をすくめたりする ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 83
such mute agony: その抑えきれぬ煩悶 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 133
Slowly and in agony or quickly and peacefully?: 苦しみながらじわじわ死にたいか、それとも苦しまずにひと思いに死にたいか? ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 325
She was rewarded with slight movement and a great burst of agony: が、指はほんのわずかしか動かず、すさまじい痛みが逆襲に転じてくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
as a pang of agony shoots through one’s aching head: 痛む頭に激痛が走るのを感じて セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 193
have been in agony the whole way lest ...: 〜しないかとはらはらしどおしだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 83
ツイート