× Q 翻訳類語辞典

さぞ  

certainly の訳語→ 〜さえ しそうな とも に決まっている あたりまえ いうまでもない いかにも いっとくが〜だぞ いわんや えらく おさおさ かえって かしこまりました きっと きまって きまっている きわめて しっかり じつに すっかり ぜったい ぜったいに ぜひとも そう そのもの たいした たしかだ だって ちがいない とても ともかく どういたしまして どうみても どう見ても どう考えても なお なにぶんにも なるほど なんという なんとも はず はずだ はっきり はっきりいえる はっきりして まぎれもない まさか まさしく まさに まず まずまちがいない まったく まったくの むろん もちろん もちろん怠らない もっとも もとより もはや ようですよ よほど モチさ 案の定 違いない 確かだ 確実に 間違いない 決して 現に〜ではないか 充分 充分に 少なくとも 随分 正しく 正直に言うが 相当 断じて 筈である 避けられない 必ず 別に 無論 明らかに 余っ程

extremely の訳語→ 〜すぎる あっぱれなほど おそろしく かなり ことのほか このうえもない ごく すぐれて すこぶる ずいぶん ずばぬけて そりゃもう それはそれは たいそう たいへん たまらなく とてつもなく どうしようもない どこまでも どん底の なかなか はなはだ ばかに ひどく ほれぼれするような まことに まずなによりも まるで やけどしそうに やけに やたらに 異常に 何となく 過ぎる 極まりない 極めて 極端 極端なまでに 極度に 至って 十分に 甚だ 世にも 全くの 素晴らしい 測り知れない 非常に 並みはずれて 並み大抵ではない 優れて 余程

how の訳語→ 〜じゃない する方法は? のころ いかに いかほど いきさつ いたく いったいどうしたら おっしゃるのね おもいのほか すべ それぐらい そんな どう どうしたものか どうして どうしてる どうやって どこでどうやって どの程度に どれくらい どれだけ どれだけの どれほどの どんな どんなに どんな感じで どんな経緯で なぜ なんたる ぶり ほど ほんとうに 恐るべし 具合 経緯 原因 手口 手順 状況 顛末 方途 方法

must の訳語→ 〜おくがいい したほうがいいぞ してみなくちゃ しないわけには参りません しなきゃあ せざるを得ない たもんだな だろう であろう と見て差し支えない なのだ のだ はずの ようで ろう わけね いただく おおかた きっと〜する きっと〜でしょう きっと〜のだ くれ さぞ〜しているんでしょうね さぞちがいない されてしまう したい ぜひ そりゃ たしかである どうしても どうしても〜したくなる なくてはならないもの まず先決だ まちがいない みえる もらわなきゃあ 肝心だ 許されない 思われる 実は 当然〜のはずである 筈はない 必修科目 必定だ 必要がある 頼む

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ あまり あんまり いいかげん いくらか いささか いっそ いっそ〜したい いつになく かわりに けっこう このさい さすがに しかし すこし それはもう それよりか ただ だったら ちょっと ちょっとした つとめて ではなく というより というよりは ともすれば とんだ どことなく どちらかというと どちらかといえば なかなかの なかば なくって なんだか なんて なんとなく なんとはなしに ほとほと ほとんど まあ まずまずの まだまだ むしろ めっきり やや ややともすると より正確には わざと わずかに わりあい わりに 案外 依然 何だか 何の 感じの 気味 近い 結構 思いのほか 実に 小さな 少々 少しばかり〜 頗る 心持ち 多少 避け 妙に

そのほかの「さぞ」で始まる語句・表現

さぞ〜したことだろう さぞかし さぞひどい さぞや


ツイート