× Q 翻訳訳語辞典
quit   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あきらめる
   
be ready to quit: あきらめかけたとき トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
いなくなる
   
They were closing it up, anyway, and the band had quit a long time ago: でなくても、もう閉まるとこだったし、バンドの連中はとっくの昔にいなくなってしまってた サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
おさまる
   
When costs are contained, health-care employment will quit growing: 医療費の伸びが抑制されれば、雇用の増加もおさまるだろう サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 238
すてる
   
quit towns: 都会をすてる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250

引退する
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 122
区切り
   
when sb get to a good place to quit: 区切りがついたら 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 112
見切りをつける
   
quit fighting the impalpable enemy: 捉えどころのない敵との闘いに見切りをつける ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・グッド・トリップ』(Wind's Twelve Quarters ) p. 185
仕事を辞める
   
quit and be gone: 仕事を辞めて、どこかに行く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
自分から辞める
   
-- quit Kelly's mind corrected, with not a little quilt: 自分からやめたのだ、とケリーは頭のなかでいいなおし、すくなからぬうしろめたさを覚えた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 363
辞める
   
just quit: あっさりと辞めてしまう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
辞任
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 36
手を切る
   
quit one’s girlfriend: ガールフレンドと手を切る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 64
出る
   
obey, so far as to quit the chamber: この部屋を出ることだけは(人の)言葉に従う E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 41
切り上げる
   
quit at a suitable place: 適当のところで切り上げる 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 28
足を洗う
   
quit the old business: 昔の商売から足を洗う O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 95
中退する
   
quit Harvard: ハーヴァードを中退する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
撤収する
   
<例文なし> 池澤夏樹著 デニス・キーン訳 『スティル・ライフ』(Still Lives ) p. 37
放す
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 125

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

quitting time: 終業時刻
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 305
quit it: よせ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
quit for ...: 〜へと引き上げる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 274
quit bitching: ぼやくな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 244
quit and start: 転向する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 152
the windshield wiper quits: 車のワイパーが止まる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 184
quit working for sb: (人と)訣別する
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 278
I think it’s time to call it quits: もうそろそろおしまいにしよう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 113
have lost so sb could quit evens: こないだの負けをなんとかチャラにもちこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
almost quit: やめる寸前までいく
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 305
Yes, he's going into business anyway so he can quit graduate school anytime: ええ、どうせ商売するのやさかい、大学院なんて、いつやめても、よろしいんですて・・・
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 181
quit making election bets: いちかばちかなことはやめる
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 58
I mean I finally quit worrying about whether they'd catch me home or not: つまり、うちに帰ってることをつかまるか、つかまらないか、くよくよ心配するのを、やっとやめたというわけだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 253
The girls who couldn't cut it would just quit: うまくやれない子は、あっさりと辞めてしまった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
quit stalling: 尻ごみなんかしないで
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 58
He had been trying to quit for almost two years and kept almost making it: アランはこの二年ばかり禁煙を心がけ、今度こそやめられると思っていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
quit trying to do: 〜するのはやめる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 317
ツイート