× Q 翻訳訳語辞典
noisily   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うるさい
   
not too noisily: うるさくない程度に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 441
がさがさと
   
begin opening and closing assorted briefcases noisily setting up shop: さっそくがさがさとブリーフケースを開いたり閉じたり、店を広げはじめる フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 70
けたたましく
   
flap up noisily: けたたましく舞いたつ 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 81
cackle noisily: けたたましく笑う 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 55
ごろごろと
   
roll noisily: ごろごろところがる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 352
さわいでいる
   
noisily enjoy the respite: 息抜きにさわいでいる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 8
ざわざわと
   
noisily rise to one’s feet: ざわざわと立ちあがる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 58
わいわい
   
complain noisily: わいわい訴える ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 250

カタ、コトと
   
one’s shoes echoing noisily: カタ、コトと靴音をならして 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 49

音を立てて
   
spin noisily: 音を立てて廻る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
gulp it down noisily: 音を立てて飲む 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
continue one’s toilette rather noisily: 髪や髭の手入れをわざと音を立ててつづける E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 40
荒っぽく
   
He put his face to the hot-water tap and noisily rinsed his mouth: 湯口に口をあてて荒っぽく嗽いをした 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 38
耳障りな
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 104
大きな
   
clear one’s throat noisily: 大きな咳ばらいをする マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 190

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

weep noisily: 泣きじゃくる
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 278
noisily advertise sth: (物を)宣伝する声がかまびすしい
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 149
breathe noisily: 肩で息をする
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 277
bring the apparently dead child swiftly and noisily back to life: 見るまに生気のなかった幼児が息を吹きかえし、けたたましい泣き声をあげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
Harvey Metcalfe arrived noisily at the Casino just after 11 pm,: ハーヴェイ・メトカーフは十一時ちょっとすぎに騒々しくカジノに乗りこんできて、
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 192
Tyndall shifted uncomfortably and cleared his throat noisily: ティンドルは窮屈そうにからだの位置をかえ、大きな咳ばらいをした
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 190
ツイート