× Q 翻訳類語辞典

だから  

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに ちなみに ちゃんと つい というより とにかく とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まったく まで まるで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実に 実のところ 実をいうと 実際に 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

because の訳語→ 〜して であることがわかると とばかり と言って なばっかりに のせい のは〜が原因だ おかげで から からだ せい せいか そうすれば その証拠に そもそも〜だから それが〜だからである それが証拠に ために だって だって〜じゃありませんか つまり というのは〜からである なぜって なぜといって なにしろ なにしろ〜ので なのだ なんてったって のだ ひっきょう 以上 因果 結果 原因 理由

consequently の訳語→ 〜するものだから いきおい しぜん そのまま それだけに それで それで〜というわけだ そんなわけで ですから というわけで ひいては

from の訳語→ 〜からやって来た から遠来の から寄せられた から仕入れた としての によると に関係した に出てる のかぎりでは のかなたから のために を起こして を代表して 関係の 産の から借りてきた すぎれば なかから みると ゆえに 見ていると 限り 限りでは 手前 手前で 出身 先を 伝いに 発信 範囲で 方から

so の訳語→ 〜たっぷり あたり あまりに あまりにも〜 あれほど あんまり いたって いとも いよいよ ええと、つまり およそ かくなるうえは、というわけで かくも こう こうしていれば こうすれば ことほどさように これほど こんなにも さて さてと しかたがないから しごく じつに じゃあ すごく すると そう そうか そうすりゃ そこで そこまで そしたら そっくり そのもの それくらい それなりの それを思えば たいそう だからね だけど だのに てなわけで でしょ ということは とっても となると とまあ、こういう次第で どうだ どうだろう なら なんとも はなはだ ひときわ ふん ほとほと また むやみに もう もどき ものすごい ものすごく やけに やたら やたらに やっと やまない ように よし、これでよい よほど 異様に 一心に 何て 何分にも 恐ろしく 極端に 極度に 結局 見本 思いきり 人一倍 甚しい 世にも 絶えず 大いに 大幅に 当然ながら 年来 本当に 猛烈な ...

thence の訳語→ そこから その事実から その時から その時以降 その理由で それから それがもとで それゆえ それゆえに それ以来

therefore の訳語→ しかたなしに したがって だからというべきだろうか だったら とすると となれば 斯う考えますと 従って

そのほかの「だか」で始まる語句・表現

だから、その だからこそ だからといって


ツイート