× Q 翻訳類語辞典

ついに  

あげくの果て とどのつまり ようやく 到頭 必竟 所詮 挙げ句 挙げ句のはて 挙げ句の果て 挙句 挙句の果て 漸く 畢竟 竟に 約まるところ 約まる所 終に 結句 結局 迚もかくても 遂に

到底 差しずめ 差し詰め 差詰 帰するところ 帰する所 最後に 最終的に 末に 果ては 究竟 詰まるところ 詰まる所 詰り

いよいよ ややに 初めて 弥々 弥弥 愈々 愈愈

also の訳語→ だって いずれにしても おまけに かたわら これに加えて これまた これも さらには しかも そのかわりに その上 それから それだけに それとも それと同時に それに それにね それに加えて それに付け足して ついでに とも ならびに ほかに また まで もうひとつ もう一つ もちろん やはり 一緒 同じく 同じように 同時に 反面

everlasting の訳語→ いつやむとも知れず しょっちゅう

finally の訳語→ 〜しはじめる するに至る のやむなきに至る あげく あげくに あれこれの末に いったん いつかは ここらで この時になって これで しかたがないから しばらくして しばらく考えた末に しびれをきらして しびれを切らしたように しまいに しまいには しまう しんがりに すっかり ずいぶんたってから そして そしてそうこうするうちに そしてそれが終わると そしてやっと そのあとに そのうち そのうちに そのうちにやっと そのときになってようやく そろそろ たまりかねて だんだん ついに奥の手 とうとう とうとう我慢できなくなったのか どうやら なんとか はっきり ばかりは ひいては ひとしきりして まして もうのっぴきならない やがて やっと やっとのことで ようやくのことで ようよう 意を決したように 意を決して 一応 運命的な 押し問答の末 果たして 久しぶりに 決定的な 結果 結果的には 結局のところ 結論からいうと 結論に 考えたあげくに 行きつくところまで行きついたとき 最後には 最後のほうは 最後の最後になって 仕方がない 仕方がないから 思案の末に 初めのうちこそともかく 少しあとで 辛うじて 辛抱しきれなくなる 晴れて 第一 遅まきながら 長い道程だった 突如 無事に

never の訳語→ 〜したこともない したためしがない したためしはない ない主義でして はたえてない いかなるときも いくら〜しても いささかも〜ない いちども いっかな いっこうに いっさい〜しない いっときも〜ない いつでも いつの場合も いつまでたっても〜ない いつも いなかった いまだに いまのいままで かいもく かつて〜ない きざしもない しまい じまい ぜったい ぜんぜん そよとも それきり〜しない それぎり ただのいちどもない ためしがない ちっとも ちっともない ついぞ ついぞ〜ない ついに〜しなかった ついに一度も〜しない つゆ〜ない とうてい とうてい〜しきれない とうてい〜ない とても とてもとても どうしても どうしても〜しない どうしても〜できない どうしても〜ない ない なかった なかなか〜ない なれない のぼらない ひとことも ひとつも〜しない まず〜しない ません まったく まったく考えられない まるで〜ない めっそうな もともと〜でない ゆめゆめ〜ない よもや ろくすっぽ わかんなかったなあ わけじゃないの 一ミリも〜ない 一向に 一生 一滴だって 一度も 一度も〜しない 一度も〜なかった 一度もない 永遠に 縁のない 何度聞いても〜ない 皆無 皆目 頑として〜ない 禁物だ 金輪際 金輪際しない 決して 今まで〜ない 最初から 最初から〜ない 試しがない 瞬時も〜ない 生まれてはじめて 生まれて初めて 絶えてない 絶対に 絶対に〜しない 絶対に〜できない 絶対にやらかさない 絶対にやらない 断じて 賭ける 二度と 片時も〜しない

really の訳語→ 〜でたまらない なもんですよ あながち いかにも いたって いったい え、ほんとですか えらく かえって きわめて こころから ごく さぞかし しきりと じっさい じつに すごく すなわち ずいぶん そうか そもそも そんなに たしかに たって だいいち とくに とびきり とんと どうも などの なるほど なんという ねえ はっきりと はらの底から ひどく べつに ほんというと ほんとうに ほんとうは ほんとに ほんの まあまあ まぎれもなく まさに まちがいなく まるきり もっと もともと やっぱり ようく よくよく よっぽど 案外 隠さずに 俄然 掛け値なしに 完璧に 強いて 元来 現実に 今度こそ本当に 細部まで 実に 実は 実際には 実態は 心から 心の底から 心底 真に 真の 正式の 正真正銘 正真正銘の 正直 正直なところ 正直な話 正当な 積極的に 絶対 全く 全面的に 徹底的に 内心では 非常に 腹の底から 文字通り 別に 本気で 本質的な 本当 本当に 本当にそっくり 本当のところは 本当は 満足に 猛烈な 露ほども ...

suddenly の訳語→ ある日突然 あわてて いきなり いちどきに いつしか いつになく いつのまにか いつの間にか いつ考えたのか いまにも がくりと がらりと この時ばかりは これまた突然 ころりと さっと すぐに すると そのとき そのとたん その瞬間 たちまち だしぬけだ だしぬけに つぎの瞬間 と、 とたんに とっさに ともすれば と思う間に どういうわけか なんの前ぶれもなく にわかに はたと はっと はっと気がつくと ぱたりと ぱっと ひょいと ひょっくり ひょっこり ひょっとした ぴたりと ふいと ふいに ふっと ふと ふとして ふらっと まったく唐突に やにわに やみくもに ゆくりなくも 意表をついて 一気に 一挙に 一度に 一夜にして 堰を切ったように 何としても 何の前触れもなく 俄かに 俄に 急に 急速に 急転直下 急遽 見るま 言い出す 忽ち 忽然と 思わず 取って付けたように 出し抜け 出し抜けに 出抜けに 瞬時に 瞬時にして 掌を返したように 勢いよく 性急に 前ぶれもなく 前触れもなしに 卒然 打って変わって 大急ぎで 途端に 唐突 唐突に 突然 突如として 反射的に 不意に 刹那に 咄嗟に

until の訳語→ 〜し、〜する したあとまで したとき するうち〜 するほど する段になると ときは ならないうちは ほど までは から が、やがて〜 こんどの したときには しないうちから しなければ そういえば ついには ついには〜 と〜するうちに ところが とたん はじめて ほどに までの間 やがて〜 気がついてみると 最後は 遂には

そのほかの「つい」で始まる語句・表現

つい つい〜でなくなる ついいましがたまで ついうかうかと ついさっき ついぞ ついた ついたて ついつい ついて ついている ついてくる ついてない ついては ついてはなれない ついてはなれぬ ついてまわる ついて出る ついて回る ついで ついでですけど ついでながら ついでに ついと ついとそらされる ついのせられて〜する ついやす つい今しがた つい先頃 つい心を許して話してしまう つい昨日のことのようにはっきりと つい最近 つい本能的な つい無意識の動作 つい目に飛びこんでくる つい考えてしまう つい行ってしまう


ツイート