× Q 翻訳類語辞典

とびきり  

ことに とび切り 人一倍 格別 格段 殊に 殊の他 殊の外 特別 至極 飛びきり 飛び切り 飛切 飛切り

most の訳語→ 〜盛り あらかた いかにも いたって いちばん おおかた おおかたの おおむね おそろしく およそ きわめて このうえない この上ない この世のものとも思えぬほど これほど これより〜はない ごく ごくごく しごく じつに すごく せいいっぱい たいていの たまらない だいたい とくに とびきりの とびぬけて とりわけ どうしても どうも どう考えても どこの どんな なかなか なにより なによりも なるたけ なんとも はなはだしい はるか ひとしお ほとんど ほとんどすべての ほとんどの ほとんど例外なく まことに まさに みごとに もっぱら ものすごく よほど ろくに 一介の 一等 一番 往々 何とも 何よりの 何よりも 最たる 最たるもの 最も 最高 最高に 最大の 思いきり 捨てがたい 世にも 世の 世界でいちばん 総じて 多くの 大いに 大そう 大半 大半を占めている 大方の 頂点を極める 非常に 並の 余人

particularly の訳語→ きわまりない けっして ことさら ことのほか これといって さして さほど さまで それほど たいそう だれよりも つまり とっておきの なお なおさら なかんずく なんの ひときわ ひどく べつに ほんとうに まったく むりに わけても 異常に 一途 決して 限定すれば 取り立てて 殊更に 大いなる 第一 特に 別に 別段 輪をかけて

really の訳語→ 〜でたまらない なもんですよ あながち いったい いよいよ え、ほんとですか えらく かえって こころから さぞかし しきりと じっさい すなわち ずいぶん そうか そもそも そんなに たしかに たって だいいち ついに とても とんと などの なるほど なんという ねえ はっきり はっきりと はらの底から ほんというと ほんとうは ほんとに ほんの まあまあ まぎれもなく まちがいなく まるきり もっと もともと やっぱり ようく よくよく よっぽど よもや 案外 隠さずに 俄然 掛け値なしに 完璧に 強いて 元来 現実に 今度こそ本当に 細部まで 実に 実は 実際には 実態は 心から 心の底から 心底 真に 真の 正式の 正真正銘 正真正銘の 正直 正直なところ 正直な話 正当な 積極的に 絶対 全く 全面的に 徹底的に 内心では 腹の底から 文字通り 本気で 本質的な 本当 本当に 本当にそっくり 本当のところは 本当は 満足に 猛烈な 露ほども ...

real の訳語→ 〜のなかの〜 らしい いっぱしのまともな いつわりではない いやに うんと えらい かえすがえす きびしい ぎりぎり これといった これは本物だと思われるような さっぱり さも しっかり じっさいの すげえ すっかり ぜんぜん それはそれは それはもう たいした たいへんな ただただ ちゃんと ちゃんとした とんでもない とんでもなく どう見ても なまなましい べつだん ほんとうの意味での ほんとにほんとに ほんとの まさにあつらえむきの またとない まとまった まともな まともに めちゃ もう もういっぱしの ものすごい やはり、なんと言っても よほどの 一人前の 一端の 一番の 何の 外にあらわす 格別である 確実な 掛け値なしの 気のきいた 偽りない 現実 現実に存在する 現実的 現実的な 現実味 根っからの 最先端 実際に 実際に起こった 実際の 心からの 申し分ない 真剣に 真髄 真相 芯から 身に迫る 正真の 生々しい 生きている 生みの 生身の 絶好の 絶対に 存在する 大きな 大事な 地に足のついた 典型的な 天人ともに許さざる 非常に大きな 腹を割った 本格的 本格的に 本職の 本当みたいな 本物 本物の 本来の

super の訳語→ いい すてきな 豪華な 大層な 卓抜で 超絶的 堂々たる

そのほかの「とび」で始まる語句・表現

とびあがる とびかう とびかわす とびきりの とびきり魅力的な とびこむ とびたつ思いで とびだす とびちる とびっきりの とびつく とびぬけて とびのく とびりきの とび上がり者 とび入り とび出す とび出る とび歩く とび色 とび色の とび込み とび離れる


ツイート