× Q 翻訳訳語辞典
I am sure   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I am sure: なるほどねえ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
His first response, I am sure was disbelief: 信じがたい思い---これが最初の反応だったにちがいない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 111
I am sure another one is due: そろそろ何か起こるはずだと思う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 311
I am sure it would do me lots of good to do ...: 〜したらどのくらいためになるか知れない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 218
will need actually to examine the machine to be sure: 実物を見ないことには正確なところはわからない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 110
such ample leisure have the stone faces: あの数々の石彫の顔も、ひどく手持無沙汰げに
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 318
a tremendous amount of back-room ecclesiastical pressure: 高位の聖職者たちの裏からの圧力
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 516
beam with pleasure: 面を輝かして喜ぶ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
beam with pleasure: うれしそうに顔をほころばせる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 19
beam with pleasure: にっこりする
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 138
make sure that the right body go off to the right family: 遺族に間違いのない遺体が届くようにする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 274
Diversity, pleasure, amazement fulfillment: いろんなことがあって、楽しくて、おどろきにあふれていて、夢がかなう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
when exactly this was I am not sure: いつの頃だったろうか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 59
Sure, but James is family now: わかってる、しかしジェームズはもう身内だよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 301
A boy and a girl were greedily roaming over the shore in search of treasure: 欲のふかい男女が、ものほしそうに海岸をうろついていた
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 254
Among many other rights of approval I'm sure you know about: ほかにもいろいろあるけど、こういう条項があるってのはあんたも知ってるよな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
glancing at me with those sharp blue eyes, half apprehensive and half amused measuring: きりっとした青い目で見ていた。半分怯えたような、半分おかしがっているような、どうしたものか頭をひねっているような目で。
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 32
savouring with pleasure the old familiar echoes: これらのなつかしい響きに耳を傾け快い感傷に浸る
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 13
isn’t sure if one is dreaming or not: 夢だか何だかわからない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 37
I am almost sure ...: 〜と考えて間違いない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 144
I made sure they were crammed with lots of jargon and technobabble: 私は軍隊の略号や技術用語をふんだんに使ってそれらのファイルを擬装した
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 128