× Q 翻訳訳語辞典
dirty   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あくどい
   
dirty game: あくどいやり方 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 284
あやしい
   
be dirty: (人が)あやしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
あられもない
   
feel foolish looking at dirty pictures: あられもない写真を見ている自分にばからしさを覚える イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 128
いかがわしい
   
sound dirty: なんだかいかがわしそうな話だ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 92
dirty postcards: いかがわしい葉書 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 40
いまわしい
   
dirty sod: いまわしい輩 シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 193
いやったらしい
   
dirty kid: いやったらしい子供 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 312
いやな
   
cast sb a dirty look: いやな目で(人を)にらむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
いやらしい
   
dirty movies: いやらしい映画 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 268
うすぎたない
   
dirty bastards: うすぎたないろくでなし サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 264
きたならしい
   
dirty fingers: きたならしい指 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
dirty crooked bastard: きたならしいゲジゲジ野郎 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 139
けがらわしい
   
dirty little tart: けがらわしい、ふしだら娘 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 207
しみをつける
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 207
はしたない
   
dirty habit: はしたないふるまい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 23

エロ
   
dirty books and photos: エロ本やエロ写真 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 209

   
dirty weather: 悪天候 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
悪辣な
   
dirty trick: 悪辣な手段を弄する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
汚い
   
with one’s hands on dirty money: 汚い金をポケットに入れている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
talk one’s dirty business: 汚い相談をする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
do the dirty work: 汚い手も使う ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
dirty business: 汚い仕事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
汚す
   
can’t dirty up new sth: 新調の〜を汚すのは忍びない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 404
汚らわしい
   
<例文なし> キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 84
汚れた
   
snow remained in a dirty crusted hump: 雪が汚れた山になっていまだに残っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
汚職刑事
   
I think he was dirty: おそらく汚職刑事だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 520
感じの悪い
   
give sb this terrifically dirty look: すごく感じの悪い顔をしてみせる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 152
垢じみた
   
a dirty spread: 垢じみた布団 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 67
手が汚れている
   
be dirty: 手が汚れている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
醜い
   
dirty looking: 顔は醜い トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
食べちらした
   
leave the dirty plates: 食べちらした食卓をあとにする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 391
泥だらけの
   
a dirty street: 泥だらけの道 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 19
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 80
薄汚い
   
dirty ruins: 薄汚い瓦礫 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 277
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
卑猥なもの
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
鼻持ちならない
   
sb say, like the dirty bullying jumped-up bastard sb is: 鼻持ちならない横柄な成り上がり者根性をむき出しに言いやがる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 42
不機嫌な
   
get more than one’s share of dirty looks: まわりから不機嫌な視線をいやというほど浴びる フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 65
埃だらけの
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 236

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

pretty dirty: イヤったらしい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 219
dirty-dance: 身体をぴたりと密着させて踊る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
dirty word: 卑語
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
dirty mind: 好色な目
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 59
dirty joke: 大人の冗談
dirty filthy liar: 薄汚い嘘つき
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 115
dirty clothes: 汚れもの
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 370
dirty Chief Persecutor: 迫害を首謀したそのゲス野郎
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
dirty bastard: ゲス野郎
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
a dirty coward: 根性のくさった奴
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 144
the tangle of old, dirty cobwebs: こびりついている薄汚い蜘蛛の巣
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
stick together in these dirty little goddam cliques: いやったらしい仲間を作ってかたまる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 203
something dirty and indiscreet: あっちの方面
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
get up to one’s dirty tricks: いろいろわるさをする
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 193
call sb all the dirty names one has ever heard of: 今までに聞いた悪態を洗いざらい並べ立ててののしる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 55
burst into raucous dirty laughter: 下卑た大声で笑いだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 161
a crushed dirty pack of cigarettes: 煙草のくしゃくしゃにつぶれた袋
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 131
be not adequately dirty: ほどよく汚れていない
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 255
filled with bobbing cakes of dirty ice: 汚れた氷の塊が一面にゆらゆら浮いている
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 49
a dark, closed-up, and dirty cubicle: 暗くてごみごみした、汚い小部屋
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 524
call sb a dirty-fighter: (人を)卑劣漢呼ばわりする
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 296
be dog-eared and dirty: よごれた使用ずみのものだ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 301
extremely dirty: じつに汚い
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 192
Finally, we got up from the table and left the dirty plates: それからやっと我々はテーブルから立ち上がり、食べちらした食卓をあとにした
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 391
We're known for dirty tricks, but we're fundamentally a news organization: CIAは悪辣な手段を弄して秘密工作をする組織だと一般には思われていますが、そもそもCIAは地味な情報機関でしてね
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
some sort of dirty thing: 汚い物かなんか
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 286
get sth too dirty: むやみに(物を)汚す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 77
If I get it too dirty my wife will scold me: だからむやみに汚して帰ると、妻に叱られるからね
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 77
He wore a wrinkled jacket over his dirty shirt: 垢じみたシャツによれよれの上着を着ている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 228game
ツイート