× Q 翻訳類語辞典

何もかも  

all の訳語→ 〜ずくめ だけが という〜 人が〜人とも あとかたもなく あらゆる ありたけ ありったけの あれこれと いかなる いずれも いっさいがっさい いっせいに いつも いろいろ いろんな おしなべて かぎり かたっぱしから きれいに けっきょく こぞって これこそ こんな さんざん すっかり すべての すべては ずっと ぜんぜん そこらじゅう そっくり残らず その他もろもろ それぞれ そろって たいへんな ただの〜にすぎない だけ だらけ だれにも つくす どう どおし どこまでも どのような どれも どんどん どんなに なにもかも なによりも なんとも のこりなく ひたすら ひとり残らず ほんとうに みな みんな〜ばっかり みんなで もっぱら もろもろ やる よく ゴマンとある 一ぺんに 一手に 一斉に 一切すべて 一同 一文残らず 何から何まで 各種の〜のたぐい 寄ってたかって 懸命な 権化 今までの 際限なく 四方 手当たりしだい 出來るだけ 上から下まで 申し合わせたように 数々 世の中 洗いざらい 全員 全身の 全部 全部ひっくるめて 総出で 体じゅうの 大きな 大勢の 誰の目にも 逐一 度重なる 猫も杓子も 風物 並いる 片っぱしから 片っ端から 万事 本性 要は 例外なく 連中 話のすべて ...

everything の訳語→ あたり あとのこと あとは あらゆる〜 ありとあらゆる ありとあらゆること ありとあらゆる面 ありのまま いちいち いっさい いろんなこと いろんなもの かぎりのこと くわしく ことごとく すべて すべて、ひとつ残らずだ すみずみ することなすこと ぜんぶ そっくり できるだけ どこにも どれもこれも どんなこと なにからなにまで なにに なににつけても なにもかもみんな なんでも なんでもかんでも のこらず みんな ものごと もろもろの携帯品 よろず クールに見つめる マニア 一〜残らず 一から十まで 一語ももらさず 一時が万事 一切 一切の〜 一切のもの 一切合財 一通りのこと 一部始終 何でも 何でもかんでも 何にせよ 何事 何事によらず 隅から隅まで、どこをとっても 見るのものすべて 見境なく 細かいところ 細大漏らさず 事情 詳しく 情勢 世界 洗い浚い 全て 全部のこと 全貌 万物 万全 様々な試み

place の訳語→ あげる あたりの いつしか おく おさまらせる お店 かける くわえる ささげる すえる そこ そっと寝かせる つく ところ とどめる まずい みつけだす わかる アパート ショップ ホテル ポスト 位置 異国 一帯 引き出す 引寄せる 押さえる 押しあてる 押しこむ 押しつける 環境 寄せる 建物 構える 行く 載せる 姿勢 指定席 自宅 場所 場所柄 状況 身のほど 存在 地位 地所 地点 置く 注ぐ 提出する 添える 転送する 田舎 賭ける 土地 土地柄 当てる 縄張り 二着複勝 入れる 納める 舞台 部屋 部分 覆う 目に会わせる 余地 抑える 落着く場所 立場

whole の訳語→ 〜ごと じゅう あそこいらの あまさず ありのままの いっしょに いっぱい がらりと くまなく ごと ぜんたい そのまま そのもの そもそもの だいたい だいたいの だれもかれも ちゃんとしている どこもかも どちらか ばかり ひと ひとそろい べた一面に まるごと まるまる みななべて 一切の 一般 一面 一連の 完全に 完璧な 自体が 全額 全体 全体として 全般 余すところなく

そのほかの「何も」で始まる語句・表現

何も 何も〜はない 何もかも考え合わせてみると 何もしないで 何もせずぼんやりと 何もない 何もないところから 何ものにも代え難い 何もやっていない 何も植わっていない 何も知らぬ 何も答えないで 何も考えずに 何も言うまい 何も言わずに 何も言わない 何も隠さずに話せる


ツイート