× Q 翻訳類語辞典

どちらかといえば  

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに ちゃんと つい というより とにかく とりたてて どうして どうも どうもうまく なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まったく まで まるで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実に 実のところ 実をいうと 実際に 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

basically の訳語→ ええ、そうです すなわち どだい もともと 以外の何ものでもない 結局は 元を糺せば 根っからの 根本は 心の底には 煎じつめれば 要するに

fairly の訳語→ いたって かなり かろうじて きれい ごく すこし すっかり ずいぶん それこそ たいそう だいたい ちょっと とくに どうしてなかなか なかなか なるべく なんとか ほとんど ほんの まっさかさまに もの静か わけへだてのないように わりあい わりと わりに 充分 相当 比較的

preferable の訳語→ まし よっぽどましな

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ あまり あんまり いいかげん いかにも いくらか いささか いっそ いっそ〜したい いつになく かわりに けっこう このさい さすがに さぞ それはもう それよりか ただ だったら ちょっとした つとめて ではなく というよりは ともすれば とんだ どことなく どちらかというと なかなかの なかば なくって なんだか なんて なんとはなしに はなはだ ばかに ひどく ほとほと まあ まずまずの まだまだ めっきり やや ややともすると より正確には わざと わずかに 案外 依然 何だか 何の 感じの 気味 極めて 近い 結構 思いのほか 小さな 少々 少しばかり〜 頗る 心持ち 随分 多少 避け 妙に

relative の訳語→ 遺族 兄弟 実家 親兄弟 親戚 通常より

somewhat の訳語→ 〜なところもある いくぶん いくらかでも うっすらと こころもち たいして だいぶ ちょっぴり どこか なにやら まさに まずまず 一部は 幾分の 高度に 若干 少々〜なところがある 少し 勢いで

そのほかの「どち」で始まる語句・表現

どちらか どちらかというと どちらかと言えば どちらかへ どちらとも取れる表現をする どちらにしても どちらの どちらも どちらも〜 どちらも〜ではない


ツイート