× Q 翻訳訳語辞典
bare   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜そこそこ
   
a bare mile ahead: 前方一マイルそこそこ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 178

あからさまな
   
bare challenge: あからさまな挑戦 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 195
ありのままの
   
the bare facts: ありのままの真実 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 503
いくらも
   
before sb get the bare beginnings out of one’s mouth: 話しだしてまだいくらも経たないうちに フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 269
いたって殺風景
   
the room is bare: 部屋はいたって殺風景だ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 221
さむざむとした
   
bare corridor: さむざむとした廊下 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 278
さむざむとしている
   
the interior is unprosperous and bare: 中はみすぼらしくさむざむとしている フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 36
さらけだす
   
bare one’s lovely breast: 魅力的な胸をさらけだす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 86
bare one’s breast: 胸をさらけだす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 72
せいぜい
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 196
はげっちょろの
   
a bare brown hillock: はげっちょろの茶色の小丘 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 139
はだけた
   
polo shirt that leaves one’s chest bare: 胸をはだけたポロ・シャツ 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 80
むきだしにされた
   
sb’s bare feet: むきだしにされた(人の)足 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 169
むきだしにする
   
bare one’s tooth: 歯をむきだしにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 339
bare one’s teeth at ...: 〜にむかって(人は)歯をむきだしにする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
むきだしの
   
keep one’s bare feet clear: むきだしの足が水に浸からないようにする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 283
cool on one’s bare skin: むきだしの肌に冷たい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
bare tights: むきだしの腿 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 107
bare foot: むきだしの足 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
bare breasts: むきだしの胸 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 56
bare beams: むきだしの梁 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 59
a bare dreary yard: むきだしの薄暗い裏庭 オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 167
a bare desk: むきだしのデスク ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
むき出し
   
<例文なし> ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 42

靴をぬいだ
   
kick that bare foot of one’s way up into the air: 靴をぬいだほうの足を空に突き刺すように蹴り上げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
靴をはいていない
   
bare feet: 靴をはいていない足 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
靴を履いていない
   
bare foot: 靴を履いていないほうの足 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
殺風景
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 433
殺風景な
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 408
赤裸々な
   
it is not a time for bare facts: いまは赤裸々な事実にかかずらう時ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 62
洗い浚い〜
   
pick the house bare: 洗い浚い持っていく メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 122
打ちっ放し
   
bare concrete: 打ちっ放しのコンクリート デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 59
淡い
   
fade into a bare glow: 〜が淡い燃え残りになっていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
剥き出しの
   
bare rafters: 剥き出しの梁 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 48
坊主
   
be quite bare: 空坊主になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
無駄なものは何もない
   
be bare: 無駄なものは何もない リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 19
葉のない
   
bare elms: 葉のない楡 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
裸の
   
sth lit by bare incandescent bulbs: 裸の白熱灯がともる〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the bare bones: ざっと
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 310
one bare foot: 靴を履いていないほうの片足
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
for just the barest fraction of a second: つかの間
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 109
be laid bare: むき出しになる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 5
be bared: あらわになってゆく
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 59
be bare: からっぽ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
bare skin of one’s body: 素肌
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
bare one’s breast: 胸をむきだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 75
a bare moment later: 数秒後
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
with only a bare goodbye: 別れの挨拶もそこそこに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
the room, bare and without contrivance: 種もしかけもない八畳間
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 12
sb’s bare feet on ...: 〜を裸足でぺたぺたと歩きまわる音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
otherwise the walls are bare: 壁には〜だけ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
only the barest touch in passing: 通りすがりに僅かに触れ合うだけだ
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 98
only the barest minimum of ...: ぎりぎり最小限の
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 300
one’s throat is bare for one’s greater ease: ゆっくりくつろぐためか、咽喉元まであけて見せている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 154
one’s shoes pinching one’s bare feet: ストッキングなしで靴をはく
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 39
leaving the earth smooth and bare: のっぺらぼうになっている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 109
lay bare one’s heart: 真情を披瀝する
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 124
I distinctly saw sb’s bare throat: のどがむきだしになっていました
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 186
have only the barest glimpse of ...: 〜がはっきり見てとれない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363
by some bare margin: ほんのわずかだが
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 95
after the barest of courtesies: 礼もそこそこに
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 336
air:空
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
all one has is a bare desk: むきだしのデスクひとつ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
a long bare foot aloft: ひょろりとした素足を宙に浮かせ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
bare-bones segregation: 環境劣悪な隔離懲罰房
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
be bare-chested: 上半身裸だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
stand so long bare-headed: あまりに長く、帽子を取ったまま佇んでいる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 111
bare-legged:素足
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 189
a bare-tittied pinup girl: 胸もあらわなピンナップ・ガール
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 82
give sb the bare bone: 芯になるところだけ話す
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 47
sit on the bare stone in a circle: 石の上に車座になる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 82
Creased shafts of rock were laid bare: ひびだらけの岩板がむきだしになった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 5
a foot, the bare one, with its hideously long, crooked toe: 足指が不気味なほど長く、それが内側にたわんだ裸足
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
Mary sat up effortlessly and rested her bare feet on its icy surface: メアリは軽快に体を起こすと、ひんやりした床に素足をあずけた
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 65
the bare handful of men: ひとにぎりの男たち
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
rest one’s bare feet on its icy surface: ひんやりした床に素足をあずける
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 65
I loved the icy feeling of her hands on my bare skin: 素肌に触れるその手が氷のように気持ちよかった
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
sb’s thick bare feet plant in the sand: ずんぐりしたはだしの足が砂にめりこむ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 28
bare of all protection: よるべなさ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 46
bare skin: 素肌
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
be stripped bare by ...: 喰いあらされる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 173
in one’s bare torso: 上半身はだかで
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 44
it has, however, but a bare and uninteresting church: ところが教会はといえば飾り気がなくて見るべき点に乏しい
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 77
When I went through infantry training, the firing ranges were bare of vegetation: わたしが歩兵訓練を受けた時代、射撃場には草一本なく
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 25silently
ツイート