× Q 翻訳訳語辞典
calling  
おつとめ
   
exercise one’s calling: 自分のおつとめを果たす ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 124

職業
   
one’s fitness for one’s calling: 自分の職業に対する適性 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 219

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

calling in life: 任務
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 408
Actually, I'm calling for my brother: この電話は、兄の呼び出しどすね
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 197
have been calling all day: 電話が鳴りどおしだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 211
Now the announcer was calling the race: 場内放送のアナウンスはレースの実況をつづけていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
penalize the pitcher by calling a ball: ペナルティとしてその球をボールと判定する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 315
without once calling or writing sb: (人に)手紙の一通も書かなければ電話の一本も入れない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
start calling photo shops: カメラ店に片っぱしから電話をかける
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 49
who’s calling please?: どなたさま
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 189
truly the wailing voices of the dead were calling me: 鬼哭啾々とはこのことだ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 173
think of calling in: 連絡を入れようかとも考える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
start calling to sb: (人に)電話をかたっぱしからかける
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 26
keep calling out the numbers of the streets: 町の丁目の数をいちいち大きな声でどなる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
it is sb, calling from the office: (人)だ。会社からかけているという
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 400
have been calling: 何度も電話がかかってくる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 361
have already stopped calling sb ‘mister’: 口調がぞんざいになった
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 151
calling phone: 発信側の電話
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 204
calling forth one of two basic emotions: 基本的なふたつの感情のどちらかを誘発する
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 14
calling for the separation of Church and Stage: 教会と舞台の分離を訴える
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 122
be just calling to say “Hi”: 別にさしたる用事はない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 144
be calling about ...: 用件は〜のことだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 295
calling ... ugly does ... credit: 〜を不細工と呼ぶのももったいない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
Just don't put up with this creep who keeps calling: しつこく家に電話をかけてくる変態野郎がいるけど、相手にしないように
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 127
The reporters divided the names and began calling them at home: 二人の記者は手分けして、彼らの自宅に電話をかけた
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
It was a mistake too calling on people without forewarning them: 予告もなしにひとの家を訪ねるのもまちがいだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 431
be in the habit of calling A B: AをBと呼びならわしている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 145
keep calling: しつこく電話をかける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 127
keep wanting to know who this is calling: こっちの素性をしつこく知りたがる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 223
keep calling sb ...: (人の)ことを〜, 〜って言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 31
do not have the luxury of calling oneself a victim: (人には)自分を犠牲者と呼んで澄ましている資格などない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 130
Even now Ryusuke often teases him, calling him "the festival boy.": 竜助から、今でも、なにかあると「お稚児さん」いうて、ひやかされて、
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 235
The publishers have made the mistake of calling this book a novel: 版元は、まちがえてこの本を小説と呼んでいる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
'He's not available just now, but he'll be calling in soon,' she said: 「いまは無理だけど、まもなく電話があるはずです」とルビーは言った
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 48
this soundless calling from the mountains: 聞こえぬ山の呼び声
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 47
Maybe later this afternoon I'll try calling my wife again: 夕方前にもう一度女房に電話してみよう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
ツイート