× Q 翻訳訳語辞典
twice   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おっかぶせて
   
When people say something twice that way, after you admit it the first time: こっちが最初にそうだといってるのに、その上におっかぶせて、こんなふうに二度言うんだからな サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 19
つづき
   
be twice lucky: 幸運つづき ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 321
またまた
   
grease us twice: またまたおどろきだ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 38
もういちど
   
say ... twice: 〜をもういちどいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 341

二度
   
whisper ‘beautiful’ twice over: 「見事だ」と二度つぶやく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 37
二倍
   
get sb twice as much for uniform allowance: ふつうの二倍も便宜をはかってやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
   
spend twice as long doing: 〜する時間が倍になる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 104
sell sth to sb for twice that: 言い値は、その倍だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

think twice about doing: 〜しない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 239
and twice ...: 二度が二度とも
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 217
think about sth twice: (物事を)考え込む
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 166
rub it twice vigorously across and down sb’s face: (人の)顔を、たてよこ十文字に力をこめてぬぐう
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 193
once or twice ...: (人が)〜したことが数回ある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
make sb think twice: (人に)再考をうながす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
have not thought twice: 疑ってもみなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
first when ... again when ... --twice ...: 〜時と、〜時と、二度〜する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 284
even desperate lovers would think twice about: どれほど人目を忍ぶ恋人たちも二の足を踏む
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 89
doesn’t have to ask sb twice: ふたつ返事でひきうける
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 156
at least once or twice: 少なくとも一度は
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54
always feel twice as warm as the average person: 人一倍のぼせ性だ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 68
wave the bat once or twice out: 一回二回と軽く素振りをくれてやる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
She explained it twice before I understand: 二度説明を聞いて、やっと私は納得した
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 109
touched sb twice on the shoulder before sb woke: 二度も肩に触れてから、やっと(人は)睡りから醒めた
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 234
glance at sb once or twice with the quick, careless glance: 一、二度すばやく、さりげなく、視線を投げかける
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 79
check sth twice: 二度見直す
puff energetically through it once or twice: せわしなく一、二度すぱすぱやる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 230
Herr Kretzschmar was pleased with this answer and nodded energetically twice: ヘル・クレッチマーはこの返事が気に入って、二度力強くうなずいた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 307
Even old Santa, when he's making his list, is checking it twice: お馴染みサンタクロースにしても、プレゼントのリストは二度見直すという
For a piece of stone this size, it needs to be twice as thick: 石のテーブルでこの大きさだったら、厚さはこの倍はなきゃあ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 41
It had showered twice since he had left Pricetown, grudgingly both times: プライスタウンを出てから二度雨が降ったが、いずれもほんの申しわけほどでしかなかった
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 31
one’s habitually slack mouth hanging open to twice its normal extent: もともとしまりのわるい口を二倍の広さにあけ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 317
Once or twice a week these reports were even intelligible: もっとも、意味の通った報告書などは一週間に一通か二通あればよいほうだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
twice any recording known: 従来記録されていたものの二倍に相当する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 253
no one so much as looked twice at sb: 誰一人としておやという顔つきはしない
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 515
saw ... twice more: 〜をなお二度見た
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
more than once or twice: 一度や二度ではない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 121
be more than twice: 倍ではきかない
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 60
be twice as natural: 二倍も実物そのものだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 145
I’ll tell you something that has occurred to me once or twice: 一、二度、こう考えたことがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 404
once or twice one did: (人が)〜したことが数回ある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
once or twice: 二つばかり
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 106
twice over: 念には念を入れて
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 264
Not quite private, in fact, for once or twice he had caught Angus's eye: まったくひそやかとは言えない、1、2度彼はアンガスの目がこちらを見ていたのに気づいたから
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 79
'Nobody must know,' he repeated, and hiccupped once or twice for emphasis: 「人に見られちゃあまずいからな」彼は重ねて言い、念を押すように二つばかりしゃっくりをした
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 106
be tested like this once or twice in one’s life: こういうことは一生のうちに一、二回は試練としてある
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 50
think twice about doing: 〜するのがつらくなる
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 27
dressed out but poorly in a twice-turned gown: もう二度ぐらい縫いなおしたと思われる服を着て
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 79
ツイート