× Q 翻訳訳語辞典
wonderful   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ああ、よかった
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
いい
   
I think it’s a wonderful song: いい唄だわ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 42
いいようもないほど
   
be a wonderful refreshment to sb’s sense: いいようもないほどすがすがしく感じられる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 261
かっこいい
   
He's huge and wonderful: すごく大きくてかっこいい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 277
けっこう
   
'Wonderful,' said Tyndall bitterly: 「けっこう」ティンドルはにがりきっていた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 175
けっこうな
   
'Isn't that just wonderful' he murmured: 「けっこうなことじゃないですか」と、彼はつぶやいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 400
じつに秀逸な
   
a wonderful idea: じつに秀逸な発想 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
すごい
   
that’s wonderful: それはすごい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
すてき
   
everything is just wonderful: すごくすてき スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
たいした
   
a wonderful dream: たいした夢だ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 96
とてもおいしい
   
'It was wonderful' he said soothingly: 「とてもおいしかったですよ」くすぐるような声でゴーントがいった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
なんだか変な
   
be wonderful: なんだか変なものだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 88
ひとしお
   
the brightness of the roaring fires in ... is wonderful: 〜で赤々と燃えさかる火の美しさはひとしおだ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 90
またとない
   
a wonderful living side by side can grow up: 二人だけのまたとない生活が始まることになる リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 92

快い
   
feel wonderful: 快い バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 45
結構ずくめの
   
wonderful speeches: 結構ずくめの演説 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 79
好都合な
   
wonderful machine: 好都合なシステム サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 29
申し分のない
   
a wonderful time for sb: (人に)とっては申し分のない時間 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 343
絶妙な
   
we all know that wonderful old phrase: 誰もが知っている、あの絶妙な表現で言えば バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 412
素晴らしい
   
be wonderful time to be alive: まことに素晴らしい日々 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
卓抜な
   
there is a wonderful Zen metaphor: 禅に卓抜な比喩がある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 1
着飾る
   
be wonderful in diamonds and Russian sables: きらびやかなダイヤモンドにロシア産の黒てんの毛皮を着飾る オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 130
珍しい
   
wonderful souvenir: 珍しい記念品 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 266
百点満点
   
everything is just ... just wonderful: すごく……百点満点 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
不思議なほどの
   
there is a wonderful sympathy and freemasonry among horsy men: 馬丁仲間には不思議なほどの友情と仁義があるものなのだ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
無上の喜びだ
   
even to read of the luxury of the dead is wonderful: 贅沢の限りをつくした当時のさまは、たとえ読むだけでも無上の喜びだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 202
   
a wonderful surgeon: 名医 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 331
立派な
   
a wonderful motive: 立派な動機 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 421

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wonderful title: 肩書は物々しい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 73
wonderful heiress: 金持ちのひとり娘
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 100
be wonderful: うっとりするようだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
a wonderful thought: 名案
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
a wonderful sensation: じつにありがたいこと
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 291
you’re wonderful to listen to: お話上手だから、聴くのは楽しいわ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 292
what’s so wonderful about that?: 当り前じゃないの、そんなことは
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 395
it would have felt wonderful to do: 〜できたらどんなにか気持がいいものをと思う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 138
have wonderful power of expression: 表現が巧みだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 386
get the most wonderful kind of sheepish smile on one’s face: 実に何とも言えず愛すべき含羞の笑顔だ
find everything new and wonderful: (人を)めずらしがらせる
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 101
duty’s a wonderful thing: 世のため人のため
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 434
being wonderful doing wonderful things: あれこれ親切に世話を焼く
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 63
beautiful and wonderful things: 美しき事物
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 202
be wonderful in diamonds: ダイヤモンドを光らせている
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 50
be having a wonderful time with sb: すごく楽しそう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 140
be a wonderful man for starting a chase: 獲物を追いかける名人だ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 80
a wonderful corner for echoes: 非常によく物の音を反響する一画
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 176
He found out of his misery a wonderful articulateness: 彼は惨めな思いのなかから見事に明晰な表現法を見出した
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 165
Only he couldn't show the wonderful card he had bought: ただひとつ、彼は自分が手に入れたすばらしいカードを人に見せることができないだけなのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
wonderful devious, clever cast of mind: すばらしい頭の回転とごまかしの才
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
with wonderful contortions: 驚くほど顔をゆがめて
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 286
those great and wonderful deeds: 偉大で驚嘆すべき事績の数々
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 232
there is a wonderful sympathy and freemasonry among horsy men: 馬丁仲間のあいだには、おどろくほど友情と仲間意識とがある
there is a wonderful sympathy and freemasonry among horsy men: 馬丁の社会では、驚くほど友情が篤くて連帯意識が強い
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
seeming impossibility and wonderful intelligence: 奇跡のような素晴らしい知恵
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 70
blessed with loads of wonderful talent: 素晴らしい才能に恵まれる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 12
your wonderful girl may thrill sb: きみのそのすばらしいひとに(人が)感動しないとはかぎらない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 121
a wonderful piece of news to take home with sb: 家へ持って帰るすばらしいみやげ話
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 164
"That's wonderful" he said, and meant it: 「それはすごい」アランは答え、心底そう思った
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
it’s still a wonderful motive for murder: やっぱり、立派な動機になると思うわ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 421
ツイート