× Q 翻訳類語辞典

いろんな  

all の訳語→ 〜ずくめ だけが という〜 人が〜人とも あとかたもなく あらゆる ありたけ ありったけの あれこれと いかなる いずれも いっさいがっさい いっせいに いつも いろいろ おしなべて かぎり かたっぱしから きれいに けっきょく こぞって これこそ こんな さんざん すっかり すべての すべては ずっと ぜんぜん そこらじゅう そっくり残らず その他もろもろ それぞれ そろって たいへんな ただの〜にすぎない だけ だらけ だれにも つくす どう どおし どこまでも どのような どれも どんどん どんなに なにもかも なによりも なんとも のこりなく ひたすら ひとり残らず ほんとうに みな みんな〜ばっかり みんなで もっぱら もろもろ やる よく ゴマンとある 一ぺんに 一手に 一斉に 一切すべて 一同 一文残らず 何から何まで 何もかも 各種の〜のたぐい 寄ってたかって 懸命な 権化 今までの 際限なく 四方 手当たりしだい 出來るだけ 上から下まで 申し合わせたように 数々 世の中 洗いざらい 全員 全身の 全部 全部ひっくるめて 総出で 体じゅうの 大きな 大勢の 誰の目にも 逐一 度重なる 猫も杓子も 風物 並いる 片っぱしから 片っ端から 万事 本性 要は 例外なく 連中 話のすべて ...

different の訳語→ ありもしない いろいろな いろんな国の かけはなれた かわる ことなる ずらされた ずれた それぞれの ちがう ちがえ ちがっている ちぐはぐな てんでんばらばらの どこか変 へだたりがある また別の まちまち まちまちだ まったく違う種類の まったく噛み合わない まったく変わった よその 違う 違った 違って 一変した 一変している 印象の異なる 何人もの 見知らぬ 思いおもいの 思い思いの 手を変え品を変えての 趣を異にする 色々 食い違って 新しい 水と油 独自の 複数の 別々の 別〜 別の 別人 別人のように 別物 変えて 変える 変な 変わる 変化 変化している 変化の兆し 毛色のちがう 類を異にする

large の訳語→ おもに かなり大きい すさまじい ずいぶん だだっぴろい つぶらな でかい とんでもない ばかでかい ひろびろしている ゆったり ゆったりした バカでかい 偉大な 巨大な 強烈な 広がる 最大手の 手広く 重たそうな 多額の 太い 大いなる 大きく 大きくて 大きなサイズの 大なり 大仰に 大口 大手 大手の 大女 大振りの 大判の 大柄 大柄な 大柄の 大粒 大粒の 度量が広い 膨大な 面積が広い

lot の訳語→ 〜したいだけ だらけだ あれこれ いっぱい うんと えらい おおかた おそろしく かなり かねがね がんがん しげしげと すごい ずいぶんと ずいぶん大勢 そこそこ たっぷり だいぶ だいぶあちこちで どっさり ばっかり ひどい ほうぼう やたらと 運勢 結構 山のように 集団 宿命 人種 生まれつく 精力的に 多い 多く 多大な 大いに 大勢 駐車場

many の訳語→ 〜が幾度かある すぎる の多く あまたの いくつかの いろいろと いろいろ長々と おびただしい人間 ぎっしり ごく ごまんと さまざまな しょっちゅう そこかしこで たいした たくさん ばかり ゴマンと ベタベタ捺してある 何度となく 何枚もの 何列か 幾度も 山ほど 種々の 諸事 少なくない 数々の 数えきれぬほど 数多の 多くなる 多くの 多くのもの 多数者 端々 長い 目白押し

s の訳語→ 〜というやつ というやつは ども のなかの ばりの あちこちに いくすじも いくつか いくつもの いならぶ かずかずの たち たびかさなる たびたびの〜 つづけて というのは とかいうもの なぞ ならぶ ならべる やら 何度か 各地の 群れ 多数 配下の 風の 無数の 様々な 両の 連発

various の訳語→ ありとあらゆる さまざまに だれかれ どの ほうぼうの まるでまちまち みなそれぞれに 何度かの 諸々の 要所々々の

そのほかの「いろ」で始まる語句・表現

いろいろ いろいろおそわる いろいろとうるさく いろいろと失錯を演じる いろいろと気を回す いろいろな いろいろな情報 いろいろの いろいろわけがある いろいろ手をまわす いろいろ考えさせられる いろいろ考える いろどる いろんなこと いろんなもの いろんな種類の


ツイート