× Q 翻訳類語辞典

なんの変哲もない  

normal の訳語→ あたりまえ あたりまえの ありきたりの いつもと変わっていない いつもの いつものとおり つねの ふだんと変わらぬ ふつう まともな よくある 異常ではない 異常なし 会話らしい 常の 人並み世間並み 尋常 世間一般の 正常 正常に 知らん顔の 通常の 普通に 普通の 平常 平常である 平生の 平静な 並の

ordinary の訳語→ ありふれた ごく当たり前の ざらにいる平凡な そこらの並みの ただの たんなる どこにでもある どこにでもいそうな なんでもない ふだん ふだんなら 一般 一般の 一般的な 何の変哲もない 既成の 月並み 十人並みの 常軌 身のまわりの何気ない 尋常の 世のつねの 世の常の 単なる 陳腐だ 当りさわりのない 当り前の 日常の 日頃食べ馴れている 特殊性 非日常的な 平均的 平均的な 平俗な 平凡な 並みの 変哲もない 法則 凡庸な

plain の訳語→ あたりさわりのない おもてにでる くだけた すっきりと そのまま ただ なにも芸のない なめらかに はっきりする ふつうの わかりやすい シンプルな 隠しようがない 月並みな 見栄えのしない 質朴な 十人並み 素通し 単純 不器量 平原 平野部 並みの器量 本物の 明々白々

simple の訳語→ あっけない ありてい いかにも このうえなく明快で ごくありきたりの ささいな さりげない すなおな それだけ ちょっとした ふくざつなものではない やさしい やさしく わけはない 扱いやすく 安直な 一つ 一方の 何でもない 楽だ 簡単 簡単な 気がきかないし 限られている 質素な 手のこんだものではない 手間のかからない 淳朴な 純朴 初歩の初歩 庶民の 飾らない単純な 慎しい 清楚な 生やさしい 粗末 素直な 素朴な 他愛のない 単純な 単純に 単調な 坦々と 淡白な 短い 直截な 頭がおかしい 頭の単純な 明瞭 訳なさそうな 腑抜け

unmarked の訳語→ きれいな すべすべしてきれい 何の印もついていない 地味な 無きずだ

そのほかの「なん」で始まる語句・表現

なんかの場合 なんざ なんじゃないか なんぞ なんたらかんたら なんたる なんだ なんだか なんだかえたいのしれない なんだかざわざわとおそろしい気持になる なんだかふるめかしい なんだかんだと なんだか変な なんだか奇妙に なんて なんてこった なんてったって なんてもの なんで なんで〜かしら なんですって なんでも なんでもかんでも なんでもない なんでもないこと なんでもないことに怒る なんでもないよう なんでもないようだ なんでもない男 なんでもなくなる なんでもぺらぺらしゃべる なんと なんといいましょうか なんという なんというか なんといっても なんとか なんとか〜しようとする なんとか〜する なんとかいうもの なんとかかちとる なんとかかんとか なんとかさん なんとかして なんとかして取り立てる なんとかしのいでいく なんとかする なんとか暮らしを立てる なんとか無事に切り抜ける なんとしたことか なんとしても なんとなく なんとなく〜か何かのように見せている なんとなく〜のように思える なんとなく予感する なんとはなしに なんとも なんともいえない なんともいえぬ なんともおかしい なんともすわりがわるい なんともなさけない なんともひどい なんともやるせないような なんとも言えず なんとも言えずうまい なんとも言えない なんとも言えなく なんと言っていいかわからない なんども なんなりと なんにかぎらず なんにも なんにも知らずに なんの なんのこと なんのことはない なんのさしさわりもない なんのまえぶれもなく なんの不思議もなく なんの前ぶれもなく なんの前触れもなく なんの収穫もなく無駄に終わる なんの実りももたらさない なんの感情もない なんの感興も示さないような顔をして なんの抵抗もなく なんの支障もなく なんの斟酌も加えず なんの気なしに なんの気もなく なんの気恥しさもなく なんの罪もない なんの苦もなく なんの苦労もない なんの関係もなさそうな なんぴと なんぴとたりとも なんら なんらか なんらかの措置 なんらかの方法で なんらかの施設


ツイート