× Q  ?  翻訳訳語辞典
resentment
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
いやな顔
   
do what one is told without resentment: 何かを命令されてもいやな顔ひとつしない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
うらみ
   
conceal a lurking resentment towards sb: 内心は(人)に対するうらみを蔵している 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
わだかまり
   
resentment against sb: (人に対する)わだかまり リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 215

怨恨
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 131
恨み
   
it bred within each of them at least a basic level of resentment and mistrust: それぞれの中に少なくともある程度の恨みや不信感が育っていく ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
恨みがましい調子
   
tinge with mild resentment: いささか恨みがましい調子を帯びる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 54
憎悪
   
depth of resentment that Bombay harbored for sb: ボンベイに渦巻く(人への)煮えたぎるような憎悪 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 47
怒り
   
visible resentments: あらわな怒り トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
sb’s dark face is tight with resentment: 黒い顔は怒りのためにゆがんでいる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 116
反感
   
<例文なし> 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 22
不平
   
resentment toward sb: (人への)不平 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 104
腹立だしい
   
with some resentment: ちょっと腹立だしい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 348
面倒臭い
   
there seems to be no real resentment in sb’s voice: (人は)別に面倒臭いという顔をしない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

stir one’s resentment: 〜が気に入らない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 285
in angry resentment: 恨みがましくしている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 146
fasten one’s resentment upon ...: 〜を怨む 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 184
feel resentment toward sb: (人を)怨む 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 239
don’t hear resentment in sb’s tone: 気を悪くしたような口調ではない レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 328
fire resentment of any consequence: 怒りに火を注ぎいらざる結果を招く マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 219
He felt resentment that his intellect lacked keen and ruthless canine teeth: 彼は自分の思考に、鋭い残忍な犬歯が欠けていることを憾んだ 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 354
serve to intensify sb’s resentment: 猶のこと癪に触る 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 87
be a natural resentment: 人情だ リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 216
the prospect of doing ... obliterated whatever resentment I felt: 〜することを考えると、今まで感じていた怨みもなにもふっとんでしまった カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 62
there is a puzzling lack of resentment: 怒りもふしぎなほどに欠けている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 133
the remembrance of sb’s errand quells sb’s resentment: 使いの用向きを考えれば憤慨などしていられない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 29
be a stupid resentment: 大人げない リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 216
ツイート